リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 2005年2月 | メイン | 2005年4月 »

2005年3月

2005年3月31日 (木)

私観騎手論8・安藤勝巳

安藤勝巳

1.純粋に「馬に乗る」という職能を果たす技術:Aクラス
 中央移籍前後は「超」とつけたかった。今年はアタマからスランプ気味で、本年勝数順に評価していくとこの順番まで登場しなかったのがさみしいところである。ようやく先週あたりから復調みせてはいるが。
 技術に戻ると、やはり超一流である。ただ冷静に見て、「折り合い」面にはやや難があるようだ。中央ずれしたのか以前ほど「押さえ込む」ケースは少なくなったが逆に、「持っていかれてしまいパッタリ」が目立つようになった。しまいの追い比べが持ち味の騎手が、競り負けるケースも多々見受けられるようになり、痛し痒し。
 ヘタに折り合いに神経つかうより、本来のスタイルと思われる抑えるときは力づくで抑え込んで、しまい追いまくる、のほうが好結果をもたらすのでは、という気がしている。もっとも、このクラスの騎手だから、そうされるとまた不満にも物足りなくも思えるだろうが。

2.「レースに勝つ」という成果を効率的に出す技術:Aクラス
 武のような多種多彩・奇手奇策系の戦略ではなく、いくつかの汎用性の高い戦術を使い分ける職人型の名手という印象。常に自分で勝つレースをしようとする姿勢は関東の騎手に見習わせたい。(ヘコトミとかマケハルとか)

3.「プロスポーツ」として買い手に納得のいく商品を提供する技術:Aクラス
 ひとくくりで「中央の騎手」・「海外・地方の騎手」とわけたくはないが、アンカツを基準にするとほんとうに分けたくなってくる。「騎手としてどうすれば客を満足させられるか」と、「どうすれば勝ち星を増やせるか」を正しく両立させている数少ない騎手である。
 このへんの意識が欠落しているヘコトミや、勘違いしている藤田、自分の求道に夢中な四位あたりとは違うところだ。

なんとなく、根拠なくなのだが、引退がそう遠くないような気がする。スランプとか、勝ちへの執念が薄れたとか、言われるようなことも感じないではないが、もっとこう、「競馬に乗ることが前ほど楽しくなくなっている」気配みたいなものが感じられてならぬ。なぜそう感じるのか不明だが。

馬券上の総合評価
 基本的には「買い」でよい。大レースよりむしろ条件特別くらいがお勧め。G�などでは過剰人気だし、以前ほど「大舞台での勝負強さ」を感じなくなってきている。一発やりそうな怖さは池添あたりよりも薄れた感あり。
 気性に問題抱えた馬では、評価落としたほうがよさそう。武・四位あたりで好走してきた馬への乗り替わりでははずし、逆にこの二人で掲示板がやっとくらいの馬への乗り替わりは買う。この出し入れでどうだろうか。

2005年3月30日 (水)

日経賞・毎日杯・マーチS回顧

日経賞

◎:トウショウナイト 2着
○:オペラシチー 3着
△:アンフィトリオン 4着、ユキノサンロイヤル 1着、アクティブバイオ 8着
馬単:◎から印、三連複:◎○から△、三連単:◎○→◎○→△
三連複的中

バルクを消した時点で2頭立ての競馬だと思った。それほど間違えてはいないと思う。ユキノサンロイヤルがまともにハマっただけである。
ユキノサンロイヤル:かかり気味に早めに動いたこともふくめ小野の好騎乗であると同時に何もかもがまともにハマった印象。なかなか人気にならない割りに常にそこそこ好走する馬だが、今後メンバー落ちるところで人気になっても飛びつかないほうがいいだろう。
トウショウナイト:力をつけている。最後も二の脚使っていたし。ユキノに差されたのは前の馬を自力で負かしに言った分。
オペラシチー:こちらも順調に成長。人気先行できたのが追いついてきた感じ。ただ、2着馬よりは冷静に見て下。天皇賞で穴人気するくらいなら、他に買う馬はいる。
コスモバルク:戦前の心配がモロに的中した形。王道を進ませたいのはわかるし、横綱相撲をとらせたいのもわかるが、人間側の希望でこれ以上馬の精神に無理させないほうがいいんじゃないか?勝ちたい・勝つべきレースではなく勝てるレースを選んだほうがいいと思う。安田使ってみては?

毎日杯

◎:コンゴウリキシオー 3着
○:レットバトラー 6着
▲:コスモオースティン 2着
△:エイシンサリヴァン 8着
?:ローゼンクロイツ 1着
馬単:◎から○▲△、三連複:◎○固定▲△、三連単:◎→○▲?→○▲△?
ハズレ。その組み合わせはありません。

ローゼンクロイツ:一番「一発ありそうな」気がしてきた。一方で「ふらふらしてる」サンデーっぽさをみせており、惨敗しても。人気しそうなので積極的に買うのは難しいが、この馬は皐月かダービーが勝負で、秋以降は人気でも切りのような気がする。要するに、「最後まで気性的に100の力は出せず、3歳春までだけ地力で通用の未完の大物」ではないか、と。
レットバトラー:こっちは足りないサンデー。もはやトライアルですら買えない模様。自己条件で人気で2・3着繰り返しそうな気配。
コンゴウリキシオー:微妙。今回調整の狂いをどう立て直してくるだろうか。皐月については、人気と相談で買ってみたい。
コスモオースティン:これでご苦労様でしょう。

マーチS

◎:タイキエニグマ 12着
○:ハードクリスタル 10着
▲:サミーミラクル 2着
△:サカラート 4着、カフェオリンポス 5着
馬単:◎から、三連複:BOX、三連単:◎○→◎○▲→◎○▲△
ハズレ

高松に気が行って雑な予想で買っちゃいけない買い方になってます。
予想の反省としては、サミーミラクルから買うのが自分のフォームだったと思う。どのみち、今回はクーリンガーを買う気はまったくなかったので当たらないが。
タイキエニグマは、「こんなもの」で「まだこれから」なのだろう。飛びついたのが、間違いである。





2005年3月29日 (火)

高松宮記念回顧

高松宮記念

◎:プレシャスカフェ 3着
○:キーンランドスワン 2着
▲:アドマイヤマックス 1着、ゴールデンロドリゴ 8着
△:ウインクリューガー 10着、ギャラントアロー 11着
×:タマモホットプレイ 7着、ナイキアヘッド 5着
馬連:◎から○▲、三連複:◎○▲△BOX、三連単:◎→○▲→○▲△×、○→◎▲→◎▲△、▲→◎○→◎○
三連複本線、三連単抑え的中

・アドマイヤマックス:武の騎乗がパーフェクト。それ以上に、今回道中7番手程度で進められたことが勝因。「アタマまではない」と思っていたが、あの位置でレースを進められれば十分届く勘定になる。あそこでレースを進めた武の騎乗がもちろんすばらしかったのが、あそこにつけられた好調さが一番大きい。
 他の馬よりも一呼吸早く抜け出した「切れ」がこの馬の身上で、東京16に替わる安田ではもう少し持続力が求められる点がどうかと思う。今回よりも後ろに構えることになり、結果追い込んで3着という気がするのだが。次に狙うなら安田・SSよりはマイルCSという気がしている。
・キーンランドスワン:四位らしいロスないレースをしたと思う。勝ち馬との差は抜け出すまでの切れの差で、いい脚自体はこちらのほうが長く使えた印象。条件的には今回がベストで、今年はG�では今回以上を期待できる舞台はもうなかろう。
・プレシャスカフェ:結果的には荒れた内を突いたことが伸びなかった原因か?ただ、今回スタート後手もふくめいつもより脚が鈍かった感じがした。
 個人的には、内外馬場差よりコースロスを取った判断は「アリ」と思う。「荒れた内をついて伸びなかった」と「いい大外を廻して届かなかった」では、おおむね前者のほうが「勝ちにいこうとした」点で評価できると考える。
 とはいえ、下の人についてのコメントのように、トップクラスの騎手なら直線出てからうまく選るくらい見せてほしいのだが。
・カルストンライトオ:予想以上の強い競馬。ずっと「ラチを頼る」「周りの得手不得手」など脆さをたくさん秘めた「消す理由をつけやすい」馬だったが、馬自体がそういった脆さを解消しつつ強くなったということなのだろう。スプリンターズSでは最有力と現時点では考える。
 また、大西が今の中京の馬場を知り尽くしたすばらしい騎乗。「駆け引き」等相対的戦略はともかく、「コース取り」など主体的なレース戦略についてはまぎれもなく一級品の技術といえる。
・メイショウボーラー:戦前、「今は16よりも12向きでは」としたのは、とにかくこの馬のスピードを最初から最大限に生かす競馬が、能力・気性両方に叶うように思えたから。結果的には、芝ではそういうレースをするには他馬との比較でスピードの絶対値に不足があるということだろう。ヘタに16〜20で控えながら活路を見出そうとするよりは、ダート短の路線に集中したほうがいいと思う。そういう交流重賞はいくらでもあるわけだし。

ここのメンバーで安田の取捨を考えるなら、
ウインクリューガー(この後一息入れさせ、後方待機策で臨むなら)
アドマイヤマックス(今度こそ3着だろう)
くらいか。重い印を打つべき馬は、今回いない馬と、中距離路線からくる馬と思われる。

マーチSは土曜の2重賞とあわせて明日で。

2005年3月27日 (日)

3月27日収支

本日の的中

中京9R 三連単:○◎▲ ちょい浮き
中京11R 三連複:▲○◎、三連単:▲○◎(100円だけ買いました) 小爆発

本日の収支 プラス116K 年始 プラス267K
武よ〜、アタマまで来るなよ〜。

高松宮記念・最終

高松宮記念の結論です。

まともに行けば、◎プレシャスカフェで仕方なし、と思います。ESP発動だけが懸念材料。
アタマまでかろうじてイメージできるのが○キーンランドスワン。アタマはなさそうだが、ヒモにはぜひ買いたいのが、▲アドマイヤマックス。中京実績とヤネの魅力で2着まで塗りたいのが、▲2ゴールデンロドリゴ。3着欄にのみマークが、ウインクリューガー・ギャラントアロー。
ほんとに100円だけ3着で抑えたいのが、×ナイキアヘッド・タマモホットプレイ。
馬連:◎から○▲△4点
三連複:◎○▲△BOX10点
三連単:◎→○▲→○▲△×
    ○→◎▲→◎▲△×
以上で行きます。

帯封獲得記録

帯封獲得記録を載せることにしました。

自分の戦意を高揚させるためでございます。
ホントは今年の一発目と同時に「過去の勲章」を引っ張りだそうと思っていたのだが、なかなか実現できないので。
個人的に三連単はひじょーに自分に合ってる、と思っている。その辺の馬券術もこちらでまとめて行きたいと思う。

2004・東京スポーツ杯2歳

Aurtvp_8 2004・東京スポーツ杯2歳
IPAT

◎:スムースバリトン
○:ペールギュント
▲:ニシノドコマデモ

馬単:◎−○、@7,800を2,000
三連複:◎−○−▲、@3,700を2,000
三連単:◎−○−▲、@37,790を10,000
払い戻し 4,009,000

スペシャルウィーク万歳!親子で帯封をプレゼントしてくれたえらいおうまさんである。

2004・河北新聞杯

19gxrowq 2004年・河北新聞杯
IPAT

◎:ブルーペール
○:トップパシコ
▲:ジェイケイベスト

馬単:◎−○、@12,450を2,000
馬連:◎−○、@6,120を1,000
三連複:◎−○−▲、@16,090を2,000
三連単:◎−○−▲、@99,850を2,000
払い戻し 2,629,000

ビバ!三連単。おかげでこういうG�やビッグレース以外でも帯封が狙えるようになった。

2003・毎日王冠

2003・毎日王冠
東京競馬場で購入

◎:バランスオブゲーム
○:トーホウシデン
▲:エイシンプレストン

馬単:◎−○、@17,790を10,000
馬連:◎−○、@5,610を5,000
三連複:◎−○−▲、@19,910を5,000
払い戻し 4,050,500

印自体をこの3頭にしか打たなかった快心のレース。

2002年・菊花賞

2002年・菊花賞
東京競馬場で購入

◎:ファストタテヤマ
○:ヒシミラクル
△:メガスターダム

馬単:○−◎、@182,540を200円
馬連:○−◎、@96,070を約9,000円
三連複:○−◎−△、@344,630を200円
払い戻し 9,000,000弱

ファストタテヤマ大本命で、100円ずつは総流しまでしてた。ちなみに、オモテ◎−○の馬単を5,000円持ってました。ハナ差(といっても見た目でわかるハナ差だったが)で・・・。