リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 7月10日回顧1 | メイン | ポストサンデー時代の騎手 »

2005年7月12日 (火)

買うべき騎手・まとめ

上位騎手についてコメントが終りほったらかし状態だが、ローカルに入り中堅どころもちゃんと見ておいたほうがいいと思うので再開してみます。その前に、まとめとして。

買う・買わないの観点からみた騎手評価

1)買うべき騎手
 馬の側に問題がなければ、とにかく買っておきたい騎手。
 岩田・内田博・吉田稔・川原・ペリエ・デムーロ・デザーモ

 JRA所属の騎手が一人もおらん。「JRAの騎手はあてにならん」と言ってるようなもんだ(そうなんだが)。
 問題は、岩田・外人ビッグ3あたりは無条件に過剰人気になっている点である。大御所・武あたりと絡めて馬券上「誰をとり、誰を捨てる」かきちんと馬券技術が必要だろう。

2)注意して買うべき騎手
 技術的にも一流騎手だが、けっこう頻繁に無様な失敗をやらかし精神衛生上大ダメージを与えてくれる騎手。馬側の評価が「買い」なら無理に切る理由はないが、人気次第なら割り切って消したい、馬に魅力なければヤネを気にして抑えないほうがいい(それで来られる分はあきらめる)。
 安藤勝・小牧太・四位・蛯名

 中央に移籍して色あせた感のある二人(特に小牧は小○太化してるような)と、本当ならトップにたって武をおびやかしていいはずのポジションの二人。

3)勝負どころで狙って買うべき騎手
 人気に関わらず、大舞台・勝負レースで「勝負にいける」騎手。穴狙いの軸に最適だが、人気でも受けのレースだとモロくて買えない。
 横山典・藤田・後藤・池添

 2より技術的には下っぽいが、穴党的に本命つけることが多くなるのがこのタイプ。

4)自分の型でなら勝算を立てられる騎手
 馬の個性が自分の得意な型に合っていれば、穴をあけてみせるタイプ。反面、苦手な馬ではやらかすリスク大。
 中館・村田・二本柳・和田・武幸

 ある部分では「ヘタ」としかいえん弱みを持ちつつ、強みでは勝負できるタイプですな。

5)与えられた仕事はきっちりこなせる騎手
 なので、注文はうるさいが能力はある馬や、展開有利の局面ではきっちり馬券に絡んでくる。
 本田・大西・佐藤哲・芹沢・秋山

 普段は全然足りない馬や個性のない馬に乗ってて勝負にならないことが多いが。

6)ハマればの爆発力はある騎手
 ハマらなければ大惨敗が背中合わせに存在します。
 熊沢・江田・田中勝・吉田豊・角田・安田康

 ちなみに、「常に狙っていて、狙いをあわせられるかどうか」のタイプと、「何も考えてないので、振り回したバットに当たってくれるかどうか」の二通りいます。あえてここでは分けませんが(笑)。

7)武
 このヒトは、別のカテゴリになります。
 ・武が1着
 ・武がヒモ(2・3着)
 ・武が消える

 そりゃ一番くるんだけど、「武が1着」パターンの馬券を取っても、そうそうトータルプラスに持ち込む自信はない。
 「武が消える」で大きいところを狙いつつ、「武がヒモ」をどれだけ上手に拾って凌ぐか、そういうスタンスかなあ。
 「武が1着」の馬券は、とれなくていいよ、強調しとく。

8)福永
 このヒトも目下別カテゴリにしたいなあ。
 「有力馬主さんにかわいがってもらっており、いい馬が集まっている」のはまず気をつけておきたいひとつ。
 「技術的には、まだまだ未熟な部分が多い」これも要注意。

 何度か書いた、「強い馬で見下ろしの競馬させたら安心してみてられる」(シーザリオのアメリカンオークスもそうだね)のと、「ちと足りない馬でやらかす」のとが目下共存。
 G�勝ちは、今後も多いと思われる。いい馬に乗ってくる機会は多かろう。今後どれだけ成長するか一番の注目騎手だろう。
 将来的には、かつての「武・河内の時代の南井のポジション」だと思うんだが。

9)ヘ○○ミ
 このヒトこそ別カテゴリである。
 「競馬は馬術競技とは違う」という観点から、とにかく「買わない」ことをオススメする。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347491/13380603

買うべき騎手・まとめを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿