リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 2006年6月 | メイン | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月30日 (日)

小倉記念回顧

 来週初が立て込みそうなので立て続けに更新。


◎:コンゴウリキシオー 5着
○:メイショウカイドウ 6着
▲:サンレイジャスパー 4着
△:サザンツイスター 8着、スウィフトカレント 1着
×:ヴィータローザ 2着
三連単:◎○▲、馬単:◎▲
ハズレ

 穴党が本命予想に走ると裏を欠かれるいい見本(笑)。博打の神様はつくづくへそ曲がり。

<総括>

LAP
 12.4-10.9-11.4-12.4-11.9-11.7-11.8-11.8-11.7-11.8

 4F目の12.4が、終わってみれば分岐点かなあ。
 コンゴウにしてもダッシュがいいわけじゃない、最初の1つ目はいかにも探りあいぽい出だしになったが、行く馬には違いないのでその後2つは速くなる。で、その間ぴったり後続にくっつかれちゃいましたから。
 4F目で引き離す形に持っていければ・・・と思うが、そうしたらとんでもない狂乱ペースになっていただろうし。いずれにしても、ここで(ここから)落としにかかれず、後続を引き連れたままのハイLAP。
 コンゴウはハイLAP自体は得意な馬で結果的に5着残ってるんだから間違いなく強いが、後ろを連れたままで勝ちきれるはずもなく。
 強い逃げ馬が厳しくマークされて出る後ろの穴、という意味では納得の行く結果。
 終わってからなら、「ああ、そういうシナリオはあるね」と思えるのだが、ほんと、これがレース前に書けるかどうかですよ、肝心なのは。

<各馬>

スウィフトカレント:△ 1着
 何度かこのブログでも書いた気がするが、福永芹沢とならんで「外差し馬場でのインペタ」で突然穴を開ける代表選手。完全にヴィータのレースと思って見ていたが、コーナーワークだけで一体何馬身詰めたのか。
 もちろん、外を普通に廻っても2着には来ていたと思う。マクリとインペタ、別の戦法をとったがこの1・2着馬はこの流れの中で勝ち負けして当然の競馬をしていた。
 休み明けでこれだけ走った分、次はボケるほうに張ります。ただでさえ休み明けの上がり競馬はボケやすいのに、道中もラクしてないからねえ。

ヴィータローザ:× 2着
 走る気になるかどうかだけで、金杯を思い出せばこの展開のここで走ってちっとも驚かない。消耗戦向きの適正はあると。
 また上村がうまくマクって出たなあ。感嘆。
 問題はこういうレースなら毎度走るというわけでもなく、ムラということ。いつ買えばいいのか、わかりません。タラっとしたレースでは来ないので、締まったペースで人気馬が前掛りになると予想されるところで狙う、・・・って、まさに今回が狙い頃だったんでしょうね。
 勝ったあと、後追いで買うべき馬ではないです。

ニホンピロキース:− 3着
 出遅れて控えたら、ハマった。「後ろから穴」狙いで行きながらこの馬に泣かされた人、相当いるはず。1・2・4着の三連複が150倍ちょっとっていうのは、鋭い人がかなりいたということ。別にこの馬をけなすつもりで言うのではないが、ある意味筋違いで突っ込んで来ちゃった、だよなあ。
 一応フォローすると(笑)、マイル戦で勝ち負けできる同馬だからこそ、息の入らないペースで控えて末脚を繰り出せたのは間違いない。

サンレイジャスパー:▲ 4着
 この馬は期待どおり、かなあ。道中5-6-3-2とこのペースで前に張っていけるのはこの馬の強みだし、それでいて上がりもちゃんと残せる
 コンゴウを意識して負かしに行った以上、この展開で上3頭に遅れをとるのは仕方ないだろう。
 この後も、買えるレースが多い馬で狙って損はないと思う。中心にアタマから狙うより、毎度相手にはしっかり拾うべきタイプかな。

コンゴウリキシオー:◎ 5着
 総括でも書いたとおり。この展開で5着に残ってるんだから、十分強い。とにかく、後続を引き離して逃げないとダメなことははっきりしたので、マークが甘くなるとあっさり逃げ切るだろう。
 そろそろ疲れは心配で、秋に備えてどのへんで一息入れるのだろう?

メイショウカイドウ:○ 6着
 前回と同じことをやろうとして、出来ず。
 その前回が予想でも書いたとおり完璧に出来過ぎで、反応がいい馬ではなくモタつきが出てしまった。
 デキ落ちだったのかな、という気がします。私はパドック見ててもわかりませんでしたが。
(追記)
 やはりコンゴウ・カイドウはパドックの気配を否定的に感じられた方多かったようですね。前走もきつい競馬でしたし、疑う余地はあった気がします。やっぱり、ちゃんとパドックを自分の目で見れるようにならないとだめかなあ。


サザンツイスター:△ 8着
 上3頭と同じ競馬していたら3着はあったかも。・・・もっとも、それはほとんどの馬に言えることだが(笑)。
 内枠だったし、勝つことを意識すれば前目の位置取りになるのは自然。ただ締まった流れを追いかけて伸びる馬ではないことははっきりした。

サイレントディール:− 10着
 100万馬券の影の立役者。この馬が4角まできっちりコンゴウに付きまとったから、この結果。キーボランチやスパルタが突くだけ突いて順次脱落したのに対し、この馬は最後まで付きまとったんだから、しぶといしぶとい。
 リキシオーに天敵出現。・・・このタイプがいるとリキシオー危ないってことだね。
(追記)
 ここも少し追加。dream1002さん・Jr.さんにご指摘いただきましたが、「川田」という要素は重要ですね。
 センセイとかCが乗っててもこうはならんかった気がします。この日は結果的にしくじったぽいですが、哲三さんといい、しっかり勝負する騎手はいいなあ。



 いや、このレース勉強になりましたわ。

 典型的な終わってからならわかりやすい穴(3着はともかくね)パターン

のレースではある。

 とはいえ、
「け、終わってからなら、なんとでもいえらあ」
とレース回顧を妬んでみてもはじまらないし、
「前潰れが読めてりゃ、取れた」
っていかにもあとちょっとで届いたような錯覚に陥ってても次の機会でもきっととれない。

 「ヤネがペース判断失敗した」とかでなく、今回はある意味必然の前潰れだったようです。

 次の機会に生かせるかどうかはともかく、ほんとこのレースは勉強になりました。


 「おもしろかった」と思っていただける方は、やる気の源をひとつクリックしてやってくださいませ。

 人気ブログランキングへ

7月30日収支

 イマイチ、リフレッシュになったんだかならないんだか。
 本日は時系列式に恥を晒そう。
 
・新潟7R 2K ○◎− ハズレ(◎5人気2着)

 直千競馬で狙い馬を決めるコツがちょっと掴めてきた気がする。・・・これが昨日今日の唯一の光明だよ・・・orz。 
 2K中1Kを馬単に投入、2頭軸の三連複を買ってるくらいなら馬連を買うという発想がどうして浮かばなかったんだろう?
 来週は夏休みの友、「直千競馬攻略」をやるよ。・・・って言ったらとたんに直千の勘も狂いだすんだぜ、きっと。
 
・新潟10R ケン ○◎− (◎4人気2着)

 コメントで予想した第一感の◎○ワンツーだが、これはどのみち馬連を買う選択はなかったと思う。それなりに勝負するレースでもなければ10倍の馬券は抑えないから。

・函館9R ケン △◎▲ (◎1人気2着)

 ほら、ケンしたら当るよ。4頭印つけて1・2・3・5着なんだから、ここで勝負せずにどうするの?
 ・・・って、hiroさんとやりとりしたおかげで修正効いたと感謝すべきであろう。トール1人気ではどのみちそれほど買う気にはなれなかった。
 で、これ5K買ってたとして、当り馬券は三連複300円というところか。アタマは◎○しか考えてなかったからなあ。人気を◎にしてるときはアタマでないと大勝ちにはならない買い方だもんなあ。

・小倉10R 10K △×− ハズレ(◎2人気5着)

 ほ〜ら、穴党が本命サイドの予想出したら三連単100万馬券の大荒れ、ありがちな博打の法則どおりだよ。
 詳しくは回顧に譲るとして、
強い逃げ馬を皆で意識した結果の典型的穴パターン
でしたね。
 LAPみても、もう少し落としたかったコンゴウも突かれどおしで落とせないまま行かされてしまった感じ。この馬を意識した2・3人気が一緒に負けたのはやむをえないところでしょう。
 で、そういう流れで後方の馬がまとめて穴を出す、というのはわかりやすい穴パターンだが、このレースでちゃんと意識して「後ろ」で馬券組み立てた人は立派だ。
 ヘタレ予想しちゃったなあ。
 予想スタンスからは今回の自分の予想は妥当な結論だったが、馬券スタンスからは「なかなか徹しきれないな」と。自分の中で、やっぱり、
 馬券スタンス < 予想スタンス
なんだね、きっと。
 ところで、見事に「後ろ」で予想を組み立てた方で、
「3着と4着が逆なら」
悶絶した人は相当大勢いたのではないかなあ。
 「後ろ」で予想組んでも、キースは拾いにくいだろうなあ。ご同情申し上げます。

・新潟11R 5K −−− ハズレ(◎7人気10着)

 メインだからって、何思いついてこんな箸にも棒にもかからん予想で買ってるんだか。
 わざわざ、一番酷い予想のレースだけ手を出してしまう、スランプ時の黄金(>じゃないだろ)パターン


 ・・・で、「今日はやめとこう」とか言いながら、やっぱり手を出したって言っていいですか?


 時間的に間に合いそうな小倉11Rを急遽予想。

 結果は、こうだ↓。

Qribmmyf_s


 うむ、完璧。
 てんちょ〜さん方式で、競馬の神様にちゃんとお願いして、ターゲットの「結果」ボタンクリック。わざと半眼にして泳がせた視線の先、「印」らんには1着から5着までずらりと印が並ぶ。
 「よし、ようやく連敗脱出!」
 小さくガッツポーズ。武の1人気をやけになって消さず○でしっかり相手本線にし、6人気の◎がきっちり絡むうれしいパターンだ。

 え、あれ?

2lihrf2z


 当ってねえよ・・・orz。

 結果がわかってて、わざわざ当り馬券だけ外して買ってるわけじゃないんだから。
 いや、この予想で当り馬券掴めないなら、もうどうすりゃいんだか。

・小倉11R 3K ○◎△ ハズレ(◎6人気2着)

 で、お約束どおりずるずると。

・函館11R 2K −○◎ ハズレ(◎1人気3着)

・小倉12R 3K −−○ ハズレ(◎6人気7着)
 12は昨日も外差しだったので後ろから狙ってみたら・・・、前2頭ですよ、まったく。


 ◎がアタマで来ない限り、当りません。
 ◎から印へ馬連だけ買ってれば、予想した8R中4Rは的中なんだけどね、とか言ってみた。
 仕方ないねえ。微妙に予想のピントが合ってないんですが、こういうパターンはずるずる負け膨らましちゃうよ。

 やっぱり本気で「ケン」しないとダメですか?

 最近、恒常的に体温上昇傾向なんですが。

本日の収支 −25K、年始累計 プラス1,826K


 「おもしろかった」と思っていただける方は、やる気の源をひとつクリックしてやってくださいませ。

 人気ブログランキングへ

つまみぐい

 リフレッシュ、とかいいながら「夏休みの友」直千競馬をつまみ食い。

<結果>

 1着:○5 8人気
 2着:◎17 5人気

馬単:20790 馬連:8320 

 よし、新潟直千完全攻略の日も近い。

 ・・・で、なんでまた当たり馬券ないの?
 さ、散歩がてら買い物にでも行くかな。

 
2pcr_hsh

7月30日の予想

 さんざん考えましたが、UHB杯の結論。


 全然変更しちゃいました!



 どうも週中の小ネタに自分でとらわれてる感じがするのと、「買いにくい馬」に走られてるってのは結局見えてない証拠という気がしますので、あえて拘りを捨ててみよう。

 印は、

◎:トールハンマー
○:ダンスオブサロメ
▲:エアニックス
△:ツルガオカハヤテ

 当初の「差し有利」に今日の感想をプラマイするとこんなところです。

 トールハンマーは意外に(>でもないか)売れてて消して入るのが正解ぽい。とはわかっていても前走のアンカツがあまりにもったいない乗り方だったので、あえてもう一度◎で押してみる。
 問題は、エアニックス・ダンスオブサロメ
 この2頭の前走はそれぞれ強かったですね。
 出し入れに拘るとこの2頭消したくなるのですが、hiroさんとコメしてて、共に「行くだけ」の馬でもないので無理に出し入れ考えて消すよりは、素直に函館適正と先行力評価したほうがいいか、という気がしました。
 ツルガオカはエア・ダンスに準ずるイメージで印に加え、当初の「差し脚」優先で候補にしていた馬は軒並みカット。
 あえてこういう印にしてみます。


 で、馬券のほうですが、


 ケンします。


 ・・・さんざん引っ張ってこんなオチですんません。
 後で反省できるように印こそ打ちますが、これだけ「見えてない」自覚のレースで馬券は買えぬ(笑)。しかも、いまひとつオッズもついてない。報われそうにない(笑)。

 というわけで、本日はリフレッシュ。他のことしてますわ。

 気分新たに、頭も冷やし(笑)、来週改めて雪辱戦に挑みます。

 あ、小倉記念は一応買いました。捨て金予想です。
 ↓

 それでは、また来週!


Kk7lqlot

2006年7月29日 (土)

小倉記念ほか展望

小倉記念

 すんごいやる気ないんですけど、このレース。

 今年から新設されたサマー2000シリーズ、少しでも大勢のファンに的中してもらって定着させようと言うJRAの陰謀(笑)か、第1戦・第2戦と1〜3番人気馬による決着。・・・ローカル20のハンデ戦なのに。
 さて、第3戦となるこの小倉記念、いい加減ハンデ戦らしい高配当を望みたいところだ。

 ・・・すいません、書いてて無理を感じます。
 いきなり結論からいうと、オッズ無視して、今回私の一番買いたい三連単の目は現時点で1〜3人気の組み合わせ。ああ、いやだいやだ。

 コンゴウリキシオーいつもどおりの力を発揮すると考えれば、荒れる余地がほとんどない気がします。転戦続きで体調面で本来のレースができないケースを除けば、この馬がいつものリキシオーLAPを刻んだ場合、対応できる馬が限られてしまいます。

 手抜き気味に上位人気から見て行きましょう。

1 メイショウカイドウ
 前走同様、「敵はリキシオーただ一頭」とばかりに早くからリキシオーに張って行く競馬と思われます。実際、それで前走は完勝といってよい内容。
 ただ、本来「追っての反応がいい」というタイプではけしてないので、さらに0.5KG増えた斤量で前走のような人馬完璧な競馬ができるかどうか。
 といって、大崩れすることは非常に考えづらいです。武だけに、前を追いかけすぎて末なくすようなこともないでしょうし。
 ○より下には落とせません。

4 コンゴウリキシオー
 締まったペースでLAPを踏んで、なおかつ上がりをそれなりに揃えられるタイプ。デキで本来の力が出せないパターン以外で、小倉20なら連を外すとは思えず。
 食われるとすれば、前走同様カイドウに完璧すぎる競馬をされた場合のみ、可能性でいえば今回はアタマで買っていい気がします。
 普通に◎。

9 サンレイジャスパー
 51KGは恵まれた。前走の競馬でも痛感したが、ペースなりに合わせて動いて、上がりの切れもきっちり使える。2・3着が多く大敗の少ない堅実さはそのあたりだろう。
 たぶん、リキシオーペースにも対応できるだろうし、小倉はもともと得意。
 カイドウがモタつけば2着まである。▲

 ということで、1〜3人気で◎○▲が埋まってしまう緊急事態。聞いているほうもつまらないと思うが、予想している本人もつまらない。もう、寝ていいですか?

 このところ当ってないので無意識に本命寄りになってるのかなあと自分で自分の心中を推し量ってみたが、・・・やっぱり他の予想にはならないなあ。

 私、たとえディープであろうと、
強いから
という理由で本命には絶対にしないことにしてます。

 が、(LAPとかコースとか)
適正が高い
と判断してしまうと、いくら人気でも逆らう気がない。・・・というか、「向いてる」と判断した自分の分析を捨てられない(笑)もので。

 今のオッズ

馬単:4→1 7.3倍
   4→9 14.5倍
三連単:4→1→9 21.8倍
    4→9→1 31.6倍
三連複:1−4−9 5.5倍

なら、

 三連単4→1→9と抑えの馬単4→9を7:3の資金配分で買うか、ケンするか、ですね。

 で、ここからはもう買えない馬ですが、一応評価と印だけ。

2 サザンツイスター
 強くなっているのは確かですが、前走でも、いかにも「ペースに対応できなくてバテた馬を全部掃除しただけ」ではあります。
 この馬自身は、リキシオーペースで前受けする融通はないため、今回も全く同じ結果になりそう。
 △まで。

12 スウィフトカレント
 基本的にはサザンツイスターに準じる内容の評価。
 ハマった時の切れはこっちのほうがあり、反面久々分凡走リスクはこっちが大きい。
 △まで。

3 ヴィータローザ
 中山金杯のように4F目からぐっと息が入らず速くなったペースでの実績はあり、一発候補。
 もっとも、そういうペースの実績はあるが、そういうペースなら毎度好走する馬というわけではない。ムラさがあって、馬券の扱いが難しい。
 ×という感じ。

 あとの馬は、リキシオーLAPには対応難しいか、近走実績で手が出ない。
 タガノなどはリキシオーがいないところならもう一花あってもいいと思う。ご贔屓ナベ・スパルタは、ラクに前で競馬できる流れなら穴に買うんだけどねえ。

◎:コンゴウリキシオー
○:メイショウカイドウ
▲:サンレイジャスパー
(△:2・12 ×:3)

 以上でやむなし。


UHB杯

 疲れたので手抜き気味に。

 本日の「函館で雪辱」で失敗して得た、今の函館の馬場の感想。
 3Rともハイペース想定で予想して、実際それなりに前には厳しい流れになった。・・・が、全然ハズレ

 本日のメインである函館12Rなど、トウショウアタックが粘ったことは、
「や、よく粘った。恐れ入りました」
なものの、好位から流れ込んだ(>脚自体は馬場の割にいい脚使っているので、悪い意味で言うのではない)1・3着馬については、
「う〜ん、適正検討が虚しい努力」
と拗ねたくなる。


「時計のかかる馬場だが、使いこんで荒れたというより、雨→競馬→雨の影響か、内外の差があまり感じられない
 スピード優位の先行タイプはがっくり止まるが、外も伸びないため一概に外差し有利にはなっていない。
 ある程度好位につける脚があって能力上位の馬が地脚の差で粘り込む感じ。」

 イヤだなあ、この傾向。結果的に、函館適正とか、ペース適正とかよりも、「強いから」で人気になるような東京・京都実績組が来るんですよ(笑)。
 人気の妙味、まったくなし。

 拗ねますよ、私は。

 ケン、とか言って、明日はどこかに遊びにでも行くかなあ。

 一応、真面目に予想。

・消したいタイプ

1)スピード優位で粘り欠く逃げ・先行

 函館の前半戦で、34.0-36.0とかで先行粘りこみしてたタイプは、「函館走る」とか言って飛びつかないほうがいい気がします。
 7月2週から函館はやたらと時計が掛かり出したので、その前に2勝してるダンスオブサロメは疑いたいです。
(追記)
 無理に7月1週までとそれ以降との出し入れ考えるより、他に疑うべき馬がいるだろうという結論に達しました。
 ダンスオブサロメ・エアニックスあたりは素直に函館適正を評価する方向に気が変わりました。
 

2)テンに押していけない追い込み馬

 追い込み馬の外差しは今の馬場では無理でしょう。
 テンに置かれるタイプ、仕掛けて上がっていけないタイプは?

 で、あっさり結論。

◎:トールハンマー
○:ブルーショットガン
▲:レオニダス
△:5・6・14あたり
(追記)
 上で書いたように、印大幅変更します。「差し有利」の拘り捨てます。


 ○以下はまだ流動的です。オッズもみながら。
 レオニダスはかなり気があるんですが、鞍上が怖すぎ。
 ◎はほぼアタマ固定でぶっこみます。今回はもったいない競馬は勘弁してくれ。


 「おもしろかった」と思っていただける方は、やる気の源をひとつクリックしてやってくださいませ。

 人気ブログランキングへ

7月29日収支

・新潟9R 3K ◎−− ハズレ(◎7人気1着)
・小倉9R 2K ○▲− ハズレ(◎4人気5着)
・新潟10R 3K ×−▲ ハズレ(◎3人気6着)
・函館9R 8K ×−− ハズレ(◎8人気9着)
・新潟11R 5K △−− ハズレ(◎6人気9着)
・函館10R 6K △◎− ハズレ(◎7人気2着)
・函館12R 11K △−△ ハズレ(◎5人気4着)

本日の収支 −38K、年始累計 プラス1,851K


新潟9R
 夏の課題「直千」競馬攻略は遠いよ。
 このレースは○・▲を極端なタイプの馬に中途半端に打ってしまったのが悔いが残る。ピアニストは買えなくはないが、ナイトランブラーは「直千適性の底」が見えたと判断したので、絶対に買えなかったなあ。
 ただ、直千の場合、ダッシュ力かラストの上がりか、どっちかに見所ある軽斤量馬は買っていいように思う。

小倉9R
 函館にかまけてましたが、もしかして小倉のほうが予想以上に短の外差し傾向進んでます?

函館9R
 ペースや流れ自体は期待したようなものだったと思う。
 このクラスの馬の差し脚に過剰な期待を寄せすぎた。

新潟11R
 新潟(D)は今日も前だった。
 ・・・行く馬を読み間違ってたら、意味はない。
 というか、アロンダイトが逃げてる時点でごめんなさいしたくなった。

函館10R
 前回の反省か、松田くんがまた巧く逃げたなあ。
 中ほどから12秒半ばのペースをきっちり作りに行ったので、後ろはマクるにマクれず脚を使わされてしまうパターン。いや、ちょっと巧く逃げすぎ。
 このレースなんか典型なんだろうが、「みんな歩くなら、前にいたほうが有利」という感じ。こうなっちゃうと、このクラスでそうそう差してこれる馬なんていませんよ、ということですね。
 函館リベンジ失敗の予感。

函館12R
 で、失敗と。
 12.2-10.9-11.3-12.0-12.2-12.6

トウショウアタック:34.5-36.9
セイウンタイヨウ :35.1-36.5

 この2頭の前走再掲だが、

 12.3-10.9-11.0-11.5-12.0-12.7

トウショウアタック:34.4-36.0
セイウンタイヨウ :35.2-35.5

 中2つのFだよなあ。今回のほうが函館らしいコーナーでの緩み方ではあるけれど。この2頭の着順はココが大きい気はする。
 ちょっと自分の気持ちが後ろに意識置き過ぎですね。トウカイボナンザタイプはちょっと今は買えない感じで、ある程度前につけることのできる差し馬がベストのよう。
 スピードの勝ってるタイプが来るような馬場ではなくなってる、といって前潰れ台頭型の追い込み馬の出番は来ない。

 個人的には、消せる理由がない・買いたい理由もないので嫌々抑えた2頭が2頭とも馬券に絡んだ時点で「参った」。
 印象として、

函館適正やLAP適正を云々して本来なら消したい東京良績型の馬が地脚で絡めてしまう馬場

というひじょ〜にイヤな状態のような気がします。
 先週のエア、今日のスズカやこの2頭、とか。

 UHB杯の本命候補には、逆に今日のレースはいい流れではあるんだが。

 「おもしろかった」と思っていただける方は、やる気の源をひとつクリックしてやってくださいませ。

 人気ブログランキングへ

本日のメインレース

 なんか函館9Rのスズカフェニックスあっさりで熱が冷えました。

 だから函館10Rの△◎のド裏なんて悔しくないです。4頭しか印打ってないなら、馬連買うんだったとか、別に思ってません(泣)。

 というわけで本日のメインレース。
 どうせ中継はないから、はっつけといて昼寝でもするよ。
Vxrm_cpq

柄でもない

Xy4bnp4f
 ・・・エントリの文脈で1・2人気を○・▲にしてる自分に腹が立つよ。切れよな、いっそ。

 もっとも、2着馬はともかく、3着は拾えませんけど。

 今日もまずは体温2℃ほど上昇。

7月29日予想

新潟9R(芝10)

 そういえば、この夏の課題は直千競馬攻略だったっけ。
 このレース、デアンジェリスがいるので難解。この条件は得意なのだが、22.9-33.1という勝ちパターンは明らかに異質。
 普通はありがたい外枠なのだが、内の馬が一斉に外枠ダッシュして前をふさがれた場合、捌きながら加速して間に合うのかと言われると・・・、ねえ。
 枠にも恵まれたエイワショウグンのダッシュ力がこの中では目を引くが、前走の4角からの止まりっぷりは持続力にものすごく不安感じる。
 じゃあ、って、買いたい馬もいない。
 逃げるエイワ・追い込むデアンジェリス、スタンスとして「来るパターンの大きく異なる」この2頭を一緒に馬券に入れる気はしない。といって、割って入れそうな馬が見当たらん。
 無理矢理、少しでも距離が短いほうがよさそうなオルガスで。・・・夏の課題にしてなきゃケンしたいよ。

◎:オルガス
○:エイワショウグン
▲:デアンジェリス
△:8・10・15

小倉9R(芝12)

 小倉のバランスはそろそろ、
33.1-34.9(ロングフラワー)から33.4-34.3(ナイスヴァレー)や34.0-33.8(グレイシアブルー)に移ってるのではないかと思う。

◎:ナイスヴァレー
○:グレイシアブルー
▲:パノラマビューティ
△:タイキマドレーヌ・ロングフラワー

新潟10R(芝18)

 この条件はそれなりに持続力と瞬発力と併せ持っていてほしいところ。
 となると、やっぱりフルヴィクトリーかなあ。
 とりあえず、福島で好走してきたスペシャルウィークを人気にしてる場合ではない。
 突き抜ける切れはないが伸びの持続はあるニシノ、前走ヤネがヘグったメイショウあたりがしっかり伸びてくれそうな候補。
 レオシャープは狙いたかったが、特別戦で斤量恩恵なしとなると・・・。ただ、被されるのは嫌な馬なので外枠から巧く行けるとなくはない。

◎:フルヴィクトリー
○:ニシノイチバンボシ
▲:メイショウナイト
△:レオシャープ・ノーブルフォース

小倉10R(芝20)
 いや、このレースこそ買いたくない。

新潟11R(ダ18)
 アロンダイトスズノマグマ、みんな先物買い的にこういう馬買うの大好きなんだねえ。
 芝のクラシック路線と違ってこのへんの時期のダート戦は注目度が低いから、「自分(だけ)はこの馬の強さに最初から注目していた」的満足感の効用が高いんだろうなあ(>毒を吐いてみた)。
 1・2人気にすることはないと思うよ。・・・芝路線と違ってダートのほうがそのまま連勝軌道に乗って重賞まで行っちゃう割合は高いので、とても切る気にはなれんが。
 回復途上とはいえ、まだやや重残っているので、「新潟は今日も前だった」作戦で、14・10・6あたりから。

◎:チザルビーノ
○:トシザショーマ
▲:メイショウシャフト
△:アロンダイト・スズノマグマ


 「おもしろかった」と思っていただける方は、やる気の源をひとつクリックしてやってくださいませ。

 人気ブログランキングへ

2006年7月28日 (金)

土曜日の展望

 函館の借りは函館で返す

 ま、乗ってた馬の力だけは走ってくれたと思うので、「柴山の借りは柴山で」と主張するわけにもいかぬ。ここは素直に函館で先週の借りを取り返すよ。

 というわけで、ちょっと真面目に検討。もはやどれがメインレースだとか関係なく、面白そうなレースから検討してみよう。

函館12R(芝12)
 一昨日のエントリどおり、芝12は相当外差し度高まっているつもりで予想。
 まずは、メンバーの直近12LAPを前・後3Fに分けて。面倒なので馬名は省略し馬番のみでご容赦。


1:35.3-35.7
2:未経験
3:35.2-35.5
4:力不足
5:力不足
6:35.5-36.2
7:34.7-35.9
8:35.0-36.3
9:35.0-36.1
10:35.3-37.0
11:36.4-35.2
12:34.4-36.0
13:33.6-35.2 (福島12)
14:力不足

 で、函館組のレースLAPは次のとおり。

登別特別(1・3・6・9・12)
 12.3-10.9-11.0-11.5-12.0-12.7

500万下(11)
 12.4-11.1-11.8-11.9-11.8-12.4

未勝利1(7)
 12.3-10.9-11.5-11.9-12.0-12.0

未勝利2(8)
 12.3-11.1-11.6-11.8-11.8-12.7

未勝利3(10)
 12.4-10.9-11.6-12.2-12.4-12.8

 さて、一見してわかるとおり極端に前傾度の高い登別特別組が検討の中心に挙げられるだろう。ついで、上がり3つをきれいにそろえて上がった未勝利1というところ。
 その登別をタイム差なしの2番手で競馬した12番、未勝利1を逃げ切った7番がここは主導権争い。7番は藤田だし、12番は行くだけ行ったのがいかにも正解だった風でここもペースは速いと考える。
 先日のエントリどおり、馬場悪化が進んでいると考えるなら前走36.0で粘りこんだ12番もどこまで粘りこめるかはなはだ疑問。この2頭が潰しあって差し浮上のシナリオを採用。8・10では付いていくだけでシマイバテ。
 狙いたいのは、その登別特別で前後半のバランスよく脚を使ったセイウンタイヨウ。・・・あ、柴山だ。
 北村宏だけに内枠が不気味なリブレメンテあたりまでは差し有力と考えたい。・・・巧く直線持ち出してくれればね。
 スズヨバクシンオーあたりは、去年も開催が進むほどに着順落としており、馬場悪化はマイナス。
 残りのメンバーでは、出足が悪すぎて飛ぶときは前走のように派手に飛ぶが、前傾LAPの追い込み浮上になれば抑えておきたいトウカイボナンザ
 スイートハビタットはベストパフォーマンスが開幕向き前傾LAPでのものだけにあまりここでは・・・。
 12は始めてのレイザストレングスは着順の安定ほど競馬の内容に惹かれるものがない。
 ・・・ハロさんが教えて下さったが、ローラーかけてるのね。速い2頭も無視しちゃだめかなあ。

◎:セイウンタイヨウ
○:リブレメンテ
▲:トウカイボナンザ
△:レイザストレングス・スイートハビタット
  OR ゼットフラッシュ・トウショウアタック
 柴山、やっぱりカネ返せ〜。


函館10R(芝26)

 7・15 7RのLAP

 12.0-11.8-12.6-12.9-13.2-13.5-13.8-13.5-13.0-12.3-11.9-11.6-12.7

 このレースで2・3着したメジロハスラー・ブレーヴハートが順当にここは勝ち負け、なわけないだろ!

 前走、ちょっとゆったり構えすぎて4角ですでにピサノパテックに捕まえにこられたエキサイトラン・松田がここもこんなペースで逃げるようなら、小一時間くらいはお説教してやるところ。上がり3Fで11秒台なんて出ないレースになるよ。
 函館26を1勝2着1回とはいえ、メジロハスラーが好走するのは道中13秒台がボコボコ入るペースのときだけ。ブレーヴハートも本質的に上がり勝負のクチ。
 ならば、2走前に締まったペースでしっかりハスラーを差してるミスターシーザや、マクリ脚の使えるキャンベラシチーのほうが買いたいよ。同じメジロならスパイダーのほうがマクリ気味に長く脚を使えるし。

◎:メジロスパイダー
○:ミスターシーザ
▲:キャンベラシチー
△:エキサイトラン

 ハート・ハスラーの番手差しよりは、エキサイトランの逃げ残りのほうがあるように思えるけど・・・。


函館9R(芝20)

 メインのはずだが、あまり買いたい気にならないレース。
 半分以上が前走勝って昇級戦というあたり危なっかしい感じだ。
 逃げるのはリファインドボディ、行けばハイペースでも結構しぶといが行けないとさっぱり見所ない馬だけにここは行くでしょ。しかもヤネは郷原、LAPを刻むとか息を入れるとか器用なまねは出来ようはずもなくただ飛ばすだけ飛ばす競馬になりそうな予感大。
 ゆったりペースなら、番手のシャドウゲイトピサノパテックにおあつらえ向きなのだが、2頭とも速い流れでの競馬にあまり実績なく、詰める脚がないタイプ。
 となると当然スズカフェニックスに目が行く。

 去年の3着時のLAPと位置取りは、

 12.5-11.4-12.0-12.4-12.3-12.4-12.4-12.5-12.7-12.7
 6-6-3-2:上がり37.8

 デコボコの少ないLAPで前に張って粘る、先週のエアシェイディのような競馬で強い内容といえばそうなのだが・・・、半信半疑。みんな歩いたから地脚勝ち、という気がせんでもない。
 今年の3戦が瞬発力よりの強さ見せ付けてる割に、去年の函館2戦の上がりは褒められたもんじゃなく、洋芝適正どうなのよという気がする。
 消しはしませんが、単を買いたくないタイプなのは確かで、この馬の取りこぼしを狙うなら相手は先行勢ではなく、後ろから差してくる馬
 で、候補として考えたいのは、

コスモノイン
ドリーミーオペラ
コスモキララ

あたり。いずれも不安要素の大きいハマればタイプなので馬券の買い方が難しい。
 8枠のタガノ2頭は今のトコ買う気がおきないが、走られても文句は言えないよなあ・・・。

 まあ、もう少し考えますが、明日は函館のこの3Rで雪辱戦と行きたいところ。なんか3Rともハイペース想定だなあ。ひとつくらい思惑どおりに速くなってくれるといいが。


 「おもしろかった」と思っていただける方は、やる気の源をひとつクリックしてやってくださいませ。

 人気ブログランキングへ