リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 7月9日収支 | メイン | せっかくなのでJDダービー »

2006年7月11日 (火)

フォルッツァ!

 イタリア勝ちました!

 サッカーブログではないですが、今日だけはサッカーの話題を。いや、前大会のうっぷんを晴らしてくれました。
 決勝戦は・・・、ま、途中からはお互い「勝つこと」だけに意味がある試合としてつまらなくなっちゃいましたが、実際勝つことだけに意味がある試合なんで、仕方ないですね。・・・と、思っときます(笑)。

 国内リーグのほうはこのあと大きな問題を抱えてはおりますが、まずはめでたい。

 今大会のイタリアの勝因は、層の厚さと、人が入れ替わっても同じサッカーをできる点にあった気がします。

 負傷・退場・出場停止に祟られ入れ替わりながらも、一度も崩れなかったDF陣。

 トッティ⇔デル・ピエロ(このテの駒にスペアがあるのが大きい。選手交替に躊躇しなくてすむから)

 トニ軸に、状況に応じて使い分けできる控えFW陣の個性の豊富さ

 このへんがよかったなあ。

 私的には、大会MVPはそんな中で唯一替えの効かないオンリーワンのパーツでありながら、大会通してコンスタントに活躍したアンドレア・ピルロに進呈。
 ブフォン・ガットゥーゾもご苦労さん。

 明日はいつもどおりの競馬ブログに戻る予定。回顧しないと。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347491/13384797

フォルッツァ!を参照しているブログ:

» トゥザヴィクトリーの2006が6億円で落札 (万馬券的中マニュアル)
セレクトセール2日目で、父キングカメハメハ・母トゥザヴィクトリーの当歳馬が6億円で落札された。
6億円という落札価格は国内では過去最高、 [続きを読む]

コメント

週末人さん、アズーリの優勝おめでとうございます。僕は途中から競馬ブログからワールドカップブログへと変貌した時もありましたよ(笑)もしこれが競馬なら三連単は相当ついたでしょうね(⌒▽⌒)アハハ!僕はカンナバーロ、ピルロ、ガットゥーゾ、そして守護神のブッフォンの活躍が素晴らしかったと思います。あー、次は4年後かぁ…長いけどだからこそ価値があるんだろうな。

週末人は、広い決勝など晴らしてくれましたサッカーとかを試合しなかったの?

>ハロさん ども、毎度です。 ハロさんとこのワールドカップモード、楽しく読ませていただいてましたよ。>>カンナバーロ でしたね。入れ替わっても安定感失わないDF陣は、やはりこの人あってこそでした。 ワールドカップが巡ってくるたびに、楽しい反面年をとったことを実感します。オリンピックはほとんど関心ないので気にならないんですが(笑)。

遅ればせながら、おめでとうございます。今回のAzzurriは本当にすばらしいチームでしたね。ハロさんご指摘の選手のほか、個人的にはグロッソのプレーも印象に残りました。終わってみれば、断トツに層が厚くて最も優勝にふさわしいチームだったと思います。ジダン騒動や、ブッフォンが全部逆を突かれてたのはご愛嬌ってことで・・・。(笑)

>はゃゃさん どうも、毎度です。ありがとうございます。 あ、グロッソも良かったですね〜(>浸ってる)。個人的にインザーギのゴールはちょっとじーんと来ましたし。 まあ、こすっからいサッカーしてましたし、試合・サッカーそのものはもっと面白いチームが結構あったんですが、そのへんはファンですから(笑)。 逆に飛んでるのにバーに止めてもらってガッツポーズは結構笑えました。まあ、そこまででよく防いでたのでご愛嬌です。

コメントを投稿