リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 4月21日22日収支(再) | メイン | 青葉賞展望 »

2007年4月24日 (火)

中京20を考える

(4月25日追記あり)

 今更ランペイアの未勝利戦の勝ちっぷりの価値について考える(笑)。
 個人的には予想コメントで2人気のこの馬については、

>これはどういう予想してもかなり消したい部類の馬

とまで言い切って張り切って消しているので、一応その根拠らしきものをいまさら書いてみる。



 ちなみに、手元に某スポーツ紙があって某TMがこの馬を本命に推しているが、その根拠として挙げているのがこんな感じ。

・未勝利勝ちの時計が、同日の古馬500万戦より0.2速かった。

・同レースの上がり4Fが12.2-11.7-11.4-11.4と最後まで加速する流れだった。

・しかもこの馬はシマイにむけて速くなる流れを9-9-7-4と自分から動いて位置取りを上げているのに価値がある。


 結果が出てからというのが我ながら嫌らしいが、メイチ切り方針で臨んでいたので、この推奨理由に反論してみよう。

 まず、古馬500万より速い、という時計について。
 これ、高松宮記念の前日だったんだが、未勝利戦が4Rに組まれていて11:20出走。
 で、JRA発表によると、12:34に中京の天候が曇りから小雨に替り、15:19には小雨から雨に変更、さらに15:39には芝状態が良からやや重に変更になった。
 そして、件の500万条件の出走は最終12R、16:05。
 馬場条件がどのくらい変わったかはなんともいえないが、古馬500万より0.2速い、というのは額面どおり受け取りにくい。

 次に二つ目の、上がり4つが最後まで加速するLAP≒長くいい脚を使う≒東京向き、という主張について。つい、ふんふんと頷いていたのだが、ちょっと思い当たることがあって調べてみた。

 ここで、各競馬場の今年の芝10F戦に限定し、上がり4Fないし3Fが最後まで加速し続けたレースがいくつあったか調べてみよう。
 順に、競馬場・芝20の全R数・上がり3Fが加速したR数・上がり4Fが加速したR数・その条件別内訳。(上がり4Fが加速したレースは3Fが加速したレースと重複する)

中京 ・12・5・3・未勝利3、500万1、1000万1
阪神 ・ 9・1・1・未勝利1
京都 ・12・1・1・未勝利1
小倉 ・15・6・2・新馬1、未勝利3、500万1
東京 ・ 5・0・0・なし
中山 ・21・2・2・500万1、弥生賞
福島 ・ 9・1・1・500万1

 一目瞭然。他の競馬場では、「上がり3つが加速する」レースは全体の1割程度以下であるのに対し、小倉では4割・中京では4割強とこの2競馬場だけ突出している。しかもそういうレースになった条件は未勝利が多い(>むろん、全体の絶対数で未勝利が多いのも事実だが)。

 このふたつの競馬場に共通していえることは、

小回りで直線短く、最後に坂がないため、最後まで脚の鈍りが少ないコース

であるということ。ついでに付け加えるなら、小倉・中京・京都という関西圏の競馬場は去年の夏以降関東圏の競馬場に比べて高速馬場傾向が顕著

 コースレイアウトを考えると、この両競馬場についてはざくりいうと、

後ろから3F:すべて3〜4角のコーナー部分
後ろから2F:4角後半から、直線
最後の1F:すべて直線

であって、コーナーから徐々に進出を開始し直線でトップギア、的な脚の使い方をした場合に、その区間全部を直線・トップギアで走れる最後の1Fに一番速い時計が来るのはある程度当然ではないだろうか。もちろん、脚が最後まで上がらないという条件がつくけれども。

 もともとコース形態上、小倉・中京については最後まで加速し続けるLAPが発生しやすいのではないかと思う。

 また、中京・小倉で対象となる「上がり3Fが加速し続けたR」で勝利した馬のそのレースでの位置取りが、これ。

ランペイア:9-9-7-4
リキアイサイレンス:12-12-9-4
タマモモダンタイム:8-8-3-3
モンブランカフェ:3-3-3-3
フミノパッション:1-1-1-1

クラッシクローズ:7-7-7-3
リリアンタイム:1-1-1-1
マイネルグラナーテ:6-6-4-2
ヒラボクロイヤル:3-3-3-1
テューダーローズ:12-12-8-6
ラブカーナ:6-6-5-4

 全11頭中、逃げ馬が2、先行馬が1、道中でマクリ気味に位置取りを上げた馬が残り全ての8。
 最後まで加速するLAPなのに位置取りを上げた馬に価値があるというより、「最後まで加速するLAPでは道中で位置取りを上げた馬が勝つ」または「道中で位置取りを上げた馬が勝つようなレースだから最後まで加速するLAPになりやすい」、と読み解くほうが自然な気がする。

 中京・小倉といった「マクリ優勢コース」の場合、「最後まで加速するLAP」・「自力で動いて押し上げた馬」というのは数字で見ると騙されることが多いんじゃなかろうか。

 もちろん、実際にレース振りみるとランペイアの競馬は相当強く見えるし、別にこの馬の実力を不当に低く見積もるつもりはないのだけれど。
 ただ、この未勝利戦にしても、テン3つが35.1と未勝利の20戦にしてはかなり速く行った馬が足を使い、その後3つが13.0-13.8-13.6と超緩み。テンで控えた馬が残り4つ目から動いて上がりに余力を残しているのは当然という印象が拭えない。極論すればラスト4つしか競馬をしてないんだよね。

 同じような、速い⇒遅い⇒最後まで加速の弥生賞で後方待機組をあまり評価しなかったのと同様以上に、評価できない気がするなあ。
 あ、でも、やたらと評価下げてみたが、結果的にイクスキューズのおかげで道中が締まったレースになったものの、フローラSはどちらかというと道中ゆるっと前が楽をするレース。テンで無理せず好位置をとれていればそう道中で底力を問われることはなく上がりだけの競馬ということで、この馬に重い印を打つ狙いはあったかもしれない。
 個人的には、実際のレースほどに厳しくならなくとも前走で13秒台3つという道中のこの馬が流れに対応するのは疑問だし、東京向きの長くいい脚というより、小回り平坦向きの器用さと軽いスピード、という気がするのだが・・・。

 まだ1勝馬なので、次走あたりで自己条件を使ってくれば緩い道中でたっぷり休んで上がりにかけて器用さと軽いスピードを武器にまた上がり1位で勝ちあがってくる可能性は高いと思う。
 で、人気になるようなら、それ以降の中央場での上級条件戦では力いっぱい消したくなる、という評価にしておこう。


 ・・・・あ、ランペイアの評価だけで長くなった。
 ほんとはこの馬の未勝利を考えているうちに、中京18と20の出し入れとか、おなじみ(笑)の中京20のツボ、4・5F目が遅くなったとき(>レベルの低いとき)の狙いの立て方とか、なんとなく思いついたことがあったのでそこまで話を広げたかったんだけど・・・。
 とりあえず、続く、かも。

(追記)
 suzukaさんからご指摘いただいた、「逆に最後まで加速になりにくい他場での該当例は価値が高いのではないか」ということで、調べてみました。
 残念ながら、その後未出走が3頭いて答えが出てなかったです(笑)。
 が、中山の2例、エミーズスマイル・アドマイヤオーラ一定の好走・価値を示したのではないでしょうか? 弥生賞はなかだるんだとはいえ、普段より前で競馬したオーラには収穫ありレースでしたし、こちらもなかだるんだとはいえエミーズスマイルの寒竹賞はやや重だったことを思えば「消耗戦」方面でしぶとく最後まで伸びる強みを発揮したLAPのような気がします。

 せっかくなので、残り3戦の予測をしておきましょう(笑)。
 13秒台が二つ入った京都のロケットマスターはスローを前でシマイに向けいい脚使った印象で、スローを先行想定なら結構やれそうな気がします。
 阪神のドーントレダー、これ、道中ヘナヘナLAPを下げていて、次走、相当怪しい気がします(笑)。
 福島のマコトジョワイユー、これは大きな緩みもないので結構評価できそうな気がします。開催5日目というのもポイント高そう。ただ、同日の未勝利戦がコンマ1差と意外と時計が出る馬場が続いていたのかも。
 いずれにせよ、「後半3つ・4つが加速続けるLAP」というのは(特に新馬や未勝利で出る場合)、「そこまでの道中がユルユルで楽のし放題」というのも多い感じなので、道中LAPがひとつの見極め基準のような気がします。
 
中山20・寒竹賞
 12.6-10.7-12.9-12.1-13.0-12.8-12.6-12.5-12.5-12.4
 エミーズスマイル・6-6-5-4 次走アネモネS勝ち

中山20・弥生賞
 12.3-10.6-11.6-12.8-12.5-12.6-12.9-11.8-11.7-11.7
 アドマイヤオーラ・6-6-6-5 次走皐月賞4着

京都20・未勝利
 12.6-11.4-12.6-12.8-13.1-13.1-12.4-11.9-11.6-11.6
 ロケットマスター・3-3-3-3 以後未出走

阪神20・未勝利
 12.4-11.5-13.0-13.0-12.6-13.3-12.7-12.1-11.8-11.8
 ドーントレダー・2-3-5-4 以後未出走

福島20・桑折特別
 12.3-11.0-11.4-12.1-12.6-12.1-12.1-12.4-12.1-12.1
 マコトジョワイユー・12-13-9-9 以後未出走
 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347491/13385939

中京20を考えるを参照しているブログ:

コメント

なるほどー。中京と小倉はそういう終いの数字に特別なりやすいんですね。ベッラレイアも最後まで加速し続けていますが、ランペイアのレースと比較すると内容がかなり違いますよね。そして、ベッラレイアを本番どう扱うかが悩みそうなんですが・・・ウオッカはダービーいくんですかね?

かなりタメになりました。自分だと普通に新聞や専門誌に書いてあるものを真に受けてソレで終わりって事にしてしまうので、それに疑問を投げかけて解決する週末人さんの姿勢には感服します。自分もベッラレイアにつける印に迷います。続きのエントリも期待しています☆

ご無沙汰しております。ランペイアを2着欄に塗った身としては、少々耳が痛いエントリーですが(笑)、なるほど納得です。私の言い訳としては、まさか2人気になるとは思っていなかったので。としておいて下さい(笑)フローラSは旅行の為、前日買いしていたのですが、家に帰ってから週末人さんのエントリー見て◎が被っていたので、「おぉ〜、被ってるよ〜」と喜んでみたものレース終わった後でしたよ(笑)さて、上のエントリーで気になった点があるのですが、>もともとコース形態上、小倉・中京については最後まで加速し続けるLAPが発生しやすいのではないかと思う。との事ですが、逆に言えばその他の競馬場では発生しにくい(だろう)ということですよね。なら、発生しにくい阪神・京都の未勝利、中山・福島の500万を勝った(好走)した馬は、次走狙いが立つとも取れます(又はすでに好走している)。その辺りはどうなんでしょうか?

こんにちは(^^/つづき、激しくつづいて欲しいです。

今回のエントリを見ると穴があったら入りたくなってしまう予想をフローラSではしてしまいました(/・ω・\) それにしても今回のは本当に参考になりました。タスカータソルテの未勝利勝ちと似てるなぁと気楽に考えていたら、前売りの時点で異様な人気で困ってしまっていました。そうですよね。前に週末人さんが書かれていたツボをすっかり忘れてしまっていました。そして、未勝利勝ちの時のレースVTRを見てると、本当にどこまでも伸びていきそうな気がしてしまいました(>▽<;;

思わず…なるほどっと唸ってしまいました続きを是非とも期待してます

>がいーじさん ども、毎度です。 ベッラレイアのあざみ賞は次でとりあげようと思ってるんですが、道中の中だるみはポイントで、テンの入りは(後ろから行く馬の場合)あまり気にしなくていいかな、という気がしてますね。この馬のあざみ賞は決め手よりもバランス面で評価したい気がしてます。>麻布九番さん ども、毎度です。 いやあ、根っからひねくれものなので(笑)。 続きは、また日を改めまして。>suzukaさん ども、ご無沙汰です。いや、スロー想定のフローラSなら、喜んで消しとも言えなかったかな、と今更思ってます(笑)。 あ、ご質問いただいた部分、私も知りたくなったので調べて上に追記してみました。3頭はまだその後未出走なので、果たしてどうなりますか(笑)。 調べてて思ったのが、開幕初期のレースではあまり「最後まで加速」は見られません。やっぱり、前半のペースが速くなって後半に余力残らないので、むしろ馬場が痛み始めてからのほうが発生しやすいんでしょうね。 あとは、道中がゆるゆる(>なので未勝利戦が多い)だとほんとに後半しかレースしてない馬が出てくるので、あまり評価禁物かという気がしました。>ヤングブラッドさん ども、お久しぶりです。ありがとうございます。 続きは、また改めまして。・・・あまり期待なさらずに(笑)。>ハロさん ども、毎度です。 え〜と、失礼しました。無駄に人気馬に毒づくのがウリですのでお許しを(笑)。 東京のスローは、結構合うのかなとか、あらためて個人的には思ったりしたのですが。 その、中京20のツボですが、あれ、基本的に「重賞級のハイレベルレースで、強い逃げ馬がいるとき」専用なんですよね。逆に、「あまりレベルが高くなく、逃げ馬が乏しいとき」の狙い方をなんとなく考えてみよう、というのが次のエントリの狙いでございます。>雑草魂さん ども、毎度です。 どうもありがとうございます。 あんまり期待しないでお待ちくださいませ(笑)。

こんちくわです〜♪♪(^Д^)ノシ見事にランペイアに騙された監督です(泣)(;´ω`)> ゛しかもイクスキューズの見立てまで誤ってましたし(爆)(;´Д`)今回の内容は実に勉強になりました☆ひとつ賢くなった成果を今週出せるよう頑張りますねんねん♪♪(^_^)vではまた来ますね☆天皇賞の見解しっかりロムりますので(笑)(*^艸^)

わざわざ追加エントリーまでして頂いてありがとうございました。中山に関しては、ゴール前が急坂って事でもあるのでラップにもよりますが、評価してもよさそうな感じですね。未出走の3頭どうなんでしょう?楽しみですね。自分も時間がある時に去年がどうだったのか調べてみます。

>ロムら監督さん ども、毎度です。 ありがとうございます(笑)。イクスキューズに参りましたね。 春天は全然見えてこないです。監督の展開予想をアテにしてますよ。>suzukaさん ども、毎度です。 中山が一番信用していい気がしますね。 あ、調べたらぜひエントリしてくださいね(笑)。ぜひ拝見したいです。

コメントを投稿