リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 追記・修正 | メイン | 8月26日予想 »

2007年8月25日 (土)

8月25日2歳戦

 「あとで」・「後ほど」は永久にやらないことになりそうなので先にやる(笑)。



・クローバー賞 札幌15(1回5日)

Cd9mulee_s


Sqrbv_gv_s


「3日目じゃね〜か!」という突っ込みはおいといて。

 要らんことを言うときっちり前例のない異例の流れになるなあ。なんだよ、このスロー。2F目からいきなり遅い上に4つ目では13秒台が飛び出す始末、最後二つが11秒前半って、こんなの札幌じゃね〜。
 予想で書いたように、このレースは元来結構素質馬選別レース的性格があって、上位馬がけっこう後の大物・逆にコケた馬は巻き返しはないという。ただそれって、後半にかけて持続ラップ戦になるからゆえで、今年の流れでそれが当てはまるかというと疑問な気がする。上位3頭は悪くないと思うが、予想で例に出した5頭のレベルにはどうかなあ。
 一方で4着以下の馬は、こんなペースなら次は巻き返して不思議はない、とは言ってあげにくいところ。スローで殺された馬はたしかにいたが、ひっくり返す爆発力がないのははっきりしていて器は知れた印象。

ウイントリガー
 2・3着が押して叩き合いに入るところを一瞬で交わして置き去りに。反応の良さ・一瞬の鋭さは非凡。
 ただねえ、この馬の場合、評価するのは一度緩みない流れで脚を使ってからでいいと思う。ご承知のとおり、私の評価しないタイプの馬である(笑)。

グリフィス
バーキングウルフ
 あれ、最後までアタマ差だったの?、という感じ。
 勝負どころで余裕持って捕まえに行ったのはグリフィスのほうだし最後二つの11秒台前半に入る部分でウルフのほうがズブさを除かせただけに、2・3着はもう少し差がつくかと思ったが。
 「ヤネの追い技術の差」をないものとして(>たぶん、ある)考えれば、グリフィスのほうは完全な高速馬場での上がり勝負では時計負けしそうな気がする。むしろ持続ラップや上がりのかかる流れのほうがしぶとく本領発揮できそう。
 ウルフは径の大きい札幌で幸い、な感じ。今回はペースもあって前で勝負したがタメれば切れると思う、が、そのとき今回も垣間見えたズブさが障害になりそう。京都外回りとかは合いそうだなあ。

メジロアースラ
 今日はペースにないた感、ペースが合えばどこかで穴を開けてくれるはず。言い換えれば、スローや前有利馬場ではノーチャンス。

イイデケンシン
 この馬、距離伸びていいとは思いません。短の差し馬の匂い感じて仕方ない。


ひまわり賞 小倉12(3回5日)

Qikq1abx_s


2xgxlkte_s


 結局、馬券は買ってません。
 先週お休みで勝ち馬には味方した印象、ほかのレース見ててもここは逆らえないな、とギブアップ。若干、お化粧直し馬場だった分2週前と違って逃げる馬にはあきらかにアドバンテージあり。
 マルシゲロッチあたりが食い下がった程度で、テイエムセッペトベの組が戦前予想より後ろになり、ハンターキリシマは前での競馬。メンバーレベルとしてはあまりほめられたものではなかった印象。

メッサーシュミット
 支持されたオッズほど完勝とはいかなかったが、中身は他の馬との力差・スピード差を感じさせるもの。この馬に関してはそう悪くない。
 ただし、去年の高速平坦LAP組以上に「前残り馬場に敏感なタイプ」(>だからたぶん、前傾開幕型、と評するほうが正解なんだろう)であるようで買い消しの呼吸ははっきりしている馬ではないか。

ハンターキリシマ
 タメに徹していれば抜けた上がりを披露した可能性はあるがそれで届いたとも思えず。前に行ったのは馬場・マークすべき相手考えれば正解だったという感じ。
 単純に、結局ここでは2番目に強かった、というそのまんまの印象。割と戦法に融通効くのは魅力だが馬券上では相手次第で、というところ。目先、上にすぐ上がっていくだけの力は・・・と思うが、相手が落ちれば順番は廻ってくる。
 ・・・なんか、中央で有力馬が2歳重賞戦ってるウラで中京開催あたりで2勝目あげてそうだ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347491/13386173

8月25日2歳戦を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿