リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

土曜日の予想

 明日は所用で出ております。

・白百合S
◎:9 ルールプロスパー
○:4 ノットアローン
▲:1 ヤマニンキングリー

・金鯱賞
◎:15 マンハッタンスカイ
○:12 エイシンデピュティ
▲:5 サクラメガワンダー
△:13 アドマイヤオーラ・9 マチカネオーラ

 ・・・さて、レス入れさせて頂いておらず申し訳ございません。明日の夜にでも、改めてエントリしつつお返事させていただきます。
 ダービーそっちのけであれですが。

2008年5月27日 (火)

おことわり

 リンク、1件外しました。
 以下、読まなくていいです。



 基本、拙ブログなどにリンクをお申し出いただく場合は一部例外(>リンク専門サイト・アフィリ主体サイト・管理人の興味のないジャンルサイト)を除いて喜んで受けさせていただいておりますが、はなはだ勝手ながら今回初めてリンクから外させていただきます。

 半年前にも同じことを考えましたが、「大人気ないか」という観点からやめました。が、限界です。
 私にとって個人的に友人であり同志である方々に対する筋の通らない批判があったから、というだけでなく、その言動からは「考え方・意見の違い」以前に、批判を利用して、「どうだ、俺ってすごいだろ」という子供っぽい満足感を満たしたいだけにしか思えません。

 どうやらそのことについて確信的行為ではなくおそらく当人は無自覚であるということに空恐ろしさを感じます。

 私は、マルチキャストのコミュニティサイトについては、
「どうだ、俺ってすごいだろう」というユーザの自己満足を満たす方向よりも、
「へぇ、世の中にはこういう人もいるんだ」という他者を認める交流の場としての方向であってほしいと思いました。過去形になってしまいますが。

 こんなことでウマニティに続いて競馬ブログ界にまで失望するのはごめんです。

2008年5月25日 (日)

オークス

 萎えた〜。

 で、オークス。
 良馬場、サンデー時代のオークスをイメージすると(枠順・オッズ考慮せず)、第一感でつくのはこんな印。

◎:リトルアマポーラ
○:レッドアゲート
▲:トールポピー
△:ライムキャンディ・スペルバインド

 ここに実際はマイラーっぽい切れ型の馬が後ろで我慢して紛れ込んでくるのかなあというところ。

 なんだけど、しつこく「サンデー次代」を言い続けてる人間としては、あんまり東京24型瞬発力偏重予想に張って裏食うのは嫌だ(笑)。
 アマポーラが大外枠引いて飛び頃の雰囲気醸し出してる上に、馬場渋化、それ用の予想で買ってみる。

1:シャランジュ
 上がりのかかる競馬でハマる単の追い込み馬、という印象。この距離・馬場では。

2:ハートオブクイーン
 なんぼ道悪得意でも。

3:アロマキャンドル
 前走は展開ぴったし、この馬こそマイル限定の切れに思います。加えて、馬場微妙な上の1マイル半、道中鞍上のサポート・ヘッドワークが全く期待できないのはどうにも。

4:レッドアゲート
 やや人気過剰な気もするが、馬場悪込みで動ける馬・内枠・動かせる鞍上は魅力。ホンネベースで一番複が固そうに思える馬。
 ただし、岩田もそうだったが、地方出身騎手が一番慣れるのに時間がかかるのが東京1マイル半だと思われ。

5:ムードインディゴ
 ・・・特にコメントありません。

6:エフティマイア
 さすがにこの距離でも前で底力発揮したら諦める。

7:ブラックエンブレム
 この馬、大回りで直線が伸びる東京は追いやすいはず。ただし、切れ特化での爆発力は微妙で良のサンデー競馬なら印はまわらなかった。
 個人的には馬場悪が一番味方したのはこの馬だと思う。先行型が軽い中で前を取りに行きそうなヤネ、アタマはないがヒモで割るのはこの馬。

8:マイネレーツェル
 14の馬です。

9:ライムキャンディ
 これも良の切れ競馬なら(3着なら)一発あると思う。距離は走ってみないとわからんが。
 馬場悪化で買う気なし。だいたいヤネのやらかしそうなことも見えるし。

10:レジネッタ
 14⇒16替りの前走で買いたかったのと同様の理由で、16⇒24の今回は買う気皆無。
 それにこの馬買う気ならオディール見直す必要も出てくるし。

11:ジョイフルスマイル
 道悪は得意そうだけどね。

12:ソーマジック
 正直に言います、わかりません。
 アネモネSから桜花賞の段階で評価はっきりつけられなかったのが痛い、この馬を客観的に評価する自信なし。
 どっちかというと、底力・消耗戦よりには思うので良なら無視したかったが、馬場悪でいっそう切りにくくなった。
 ×で抑えてお茶濁しておきます。イメージはキストゥヘヴンなんだよな〜。

13:スペルバインド
 昨日ハイカックウを◎にしたのと同じ理由で取り上げることは可能。といっても、足りないだろうし、この馬が差してくるなら人気馬がいっぱい来てるよね。

14:カレイジャスミン
 ・・・前走の予想があるのでものすごく買いにくいんですが。
 イメージで、このレースの馬券を買うならアサヒライジングを探したかった。・・・そうなると、この馬しかいないんだよね、ヤネも同じだし。
 アサヒラ(>カレイ)−パンドラ(>レッドアゲート)のイメージで。

15:トールポピー
 これまた重馬場で無碍には扱えなくなったが。
 桜花賞よりはオークスの距離が合うはず、上がり勝負辛い分は馬場悪化で補いつきそう。・・・そうはいっても、スロー寄り想定しているので、これよりは先着しそうな切れ馬に困らず印は廻らない。

16:エアパスカル
 マイル向きのバランス、がこの馬の一番の評価材料だったので、この条件では。

17:オディール
 桜花賞は自信の◎、勝ってもオークスは自信の無印予定。 ・・・ますます自信の無印で。

18:リトルアマポーラ
 さすがにこの枠。ただでさえ東京の捌き方に難のあるヤネ、これでこの馬場をアタマまで突き抜けたら化け物だよ。つか、それなら京成杯や桜花賞もなんとかなってる。
 掲示板には乗りそうだが、4・5着が一番可能性高そうな気がしてならぬ。

◎:アサヒライジングカレイジャスミン
○:レッドアゲート
▲:ブラックエンブレム
△:リトルアマポーラ
×:ソーマジック

Hzwozu4t
 

CH6馬券

Awtrcqea
メインへのテンションを左右する一戦(笑)。

中京6R

◎:ポーラーライツ
○:ダークジャケット
▲:マイネルアテッサ
△:コーニングストーン

 1-2-1-6と馬券圏内に来たのは4度のコーニングストーンだが、この4回は全て外回り。何もこの馬を小回り中京で人気にせんでもという気はする。
 走法で判断できない人だが、成績だけ見てても外回りの緩いコーナーとくだりを見方にようやく勝負どころのスピード乗せて長い直線をモタモタ追い込むタイプに思えて仕方ない。

 それほど先行力ある馬いないだけに、マイネルアテッサの単騎逃げは確定ぽい気はするが、昨日の小牧特別、
 12.4-11.6-11.7-12.7-12.6-12.2-12.2-11.8-11.0-11.2

 とアテッサの前走
 12.2-10.5-10.9-12.5-13.0-12.6-11.8-12.4-12.1

 とを比較すると、中京20のキーポイントである4・5Fをどう使うか、上がりをどうまとめるかは微妙な気がする。昨日上がり伸ばして逃げ切ったドリームサンデーと比較すると、ダッシュはあるのできっぱりハナは主張する分、上がりの脚はないタイプにしか思えない。つーことは、ここは目標にされて終わりという気がして仕方ない。

 そうなると展開面で有利に思えるのは、好位マークから脚を伸ばせるポーラーライツ>決め手上位のダークジャケット。

 ほぼ、4頭立てに思える競馬で、きれいに4頭の順列評価がついたなあ。馬券は◎⇒○の馬単1点で(>はい、やりすぎた!)。

 一応、予定調和が見える気がするので真面目に馬券ポートフォリオ組むなら、

◎⇒○:5K 本線
◎−○:2K 裏目の保険
◎⇒△:1K 抑え
◎−▲:2K 逃げ有利が予想外に効いた場合

 というところかな。
 実馬券は、○が動き遅れて▲残す場合の◎⇒▲だけ少し抑えて◎⇒○でほぼ全額勝負。 

2008年5月24日 (土)

中京9R

 開幕馬場に少頭数、先行力不足のメンバー構成。
 唯一、持続気味に道中ペース落とさず踏ん張り続けるドリームサンデーの先行力が光る。

 タイカーリアンはテンはもうひとつも仕掛けて動ける馬、この馬が追いすがって2着。一方で構えて軽い切れ不足のスズカダーク・サンライズベガが切れ不足で足りずなら、3着ヒモにはマイルで軽い切れ使える5番と7番。

◎:ドリームサンデー
○:タイカーリアン
△:クイックシューター・ウイニングザバロン

新潟9R

・ブラックシチー
 前走は11番枠、D10を5戦連続で使った後の1戦だったが、さらに外の1人気リキアイカザンがぶっ飛ばしていってしまったのが痛い。10戦同様のペースで追いかけて上がりバッタリの12着大敗。1人気のカザンは14着だが。
 今回は内枠、前走のようにムチャなペースにならず12なりの先行できれば十分巻き返し可能性あり。スピードキング(笑)西田から菊ちゃんへの乗り替わりはプラスと考えておこう。
 もともと34秒後半で入れば、それなりに粘りにも期待できる馬。降着のおかげでこの条件1着入線経験ありも目立たず、ここは買い。

 と、この馬に都合のいい展開になってくれるなら、ホトダー・アグネスポライトの順列も前走のまま変わらない方向で。あ、こっちも西田の乗り替わりで減量に替わってるな。−3KG分、プラスと考えよう(笑)。
 ・・・なんか西田がさんざんだが。

◎:ブラックシチー
○:ホトダー
▲:アグネスポライト
△:ブラウンキャット

カーネーションカップ

 まずは過去のラップから。

Xtp9o3jl_s


 それと、最近すっかり手抜き更新続いているのでリガビリがてら4・5月東京開催の芝18ラップも並べておこう。

Bl3ublci_s




 基本的に東京18は、中だるみの上がり勝負。前で脚を溜められる先行瞬発力タイプ中心に上がりの脚を持つ馬で固めたいところ。
 3Fずつ3つに分けると最後の3つが一番速くなるのはまあお決まりのパターンだ。

 順番が逆になるけれども、下に出した今年の春東京の傾向も大枠その前提からブレてはいない。上位馬の位置取りで言うと先行して上位上がり使った馬が優勢、後方から上がり最速クラスの馬がヒモに差し込むパターン。
 やや異彩をはなつのは1000万条件で、ヒカルベガがテンスローのペースを-5-1-1と自ら道中ペースアップして4F目から漸速ペースに持ち込んだ。こういう芸当ができる3歳馬はまあそういないよね。

 で、カーネーションC。上位馬の位置取りをみると差し追い込み優勢が顕著。特にこの3年は中3つのゆるみがこの条件にしては相対的に小さく、前で脚を溜めたい先行瞬発力型に分が悪い。行き切った持続タイプが踏ん張りきるには、しょせんこの時期の3歳条件、ダメジャ様級の馬はそうはおらず前で持続型が残るのも稀。結局素直に後ろから瞬発力特化した馬向きの展開になりやすい。

 さて、このレースのメンバーを見たときに、ペース想定上で気になる前走逃げた馬が2頭。

・シゲルエスペレ@矢車賞
 12.5-10.8-11.5-12.0-12.3-12.5-12.2-12.7-12.5
 34.8-36.8-37.4

 2番枠を引きながらテンの脚がいまひとつ、押してハナを主張しきるのに時間がかかってしまいペースダウンする余地を与えられず、漸遅型の前に負荷の大きいレース。

・シェリルピンク@ミモザ賞
 12.1-10.6-11.9-13.0-12.6-12.6-12.8-12.3-11.9-12.4
 34.6-51.0-36.6

 ダッシュよくハナを宣言、4F目から13秒とくっきり緩急つける中だるみペースダウンに成功、中山にしては珍しいテン速く中が大きく緩む中だるみ戦を演出。

 この2頭が揃って登場。シェリルピンクがダッシュで先手をとって、出足のないシゲルさんが押してハナに出ようとするなら今年もこの条件にしては中盤のペース落ちが遅れるはず。となると、近3年同様、先行タメ型は軽視で切れ重視に張るほうがよさそうだ。
 そう考えると、フラワーCを前で好走のマイネウインク、先行タイプでそこそこ売れているハッピープレゼント・テイクバイストームあたりは食指が動かない。

 やはり、最重要視はスイートピー組。ただし、上のラップで赤字でOPと書いたレースがそうなのだが、このスイートピーSは東京18らしい緩急くっきり中だるみラップ。
 再掲すると、

 12.6-11.2-11.7-12.9-12.9-12.5-11.5-11.2-11.8
 35.5-38.3-34.5

 上がり3Fの脚が出やすい偏重ラップ。今回の想定ではテンから中盤にかけて道中UPはほぼ間違いないところなので、そこそこ自力・底力にも光るモノを見せた裏づけがほしいところだ。

・ハイカックウ
 -12-9-8と、勝負どころで上げた分だけ上がり3つに目を見張る時計を出せてはいないものの、ここに出てきた4頭では動いて最先着とごく素直に力量最上位。ミモザ賞では最内で流れに乗ったユキチャンにクビ差と実質勝ちに等しい内容。
 想定の流れが多少ブレても、自在味と瞬発力ともにここでは抜けているように思え、まず安心して◎の部類。

・ココシュニック
 -6-7-9とハイカックウと逆に勝負どころでタメ入れた形。軽い切れには見所十分でここでも有力ながら、デビュー直後2着連発だったように突き抜ける切れの破壊力は不足気味で、相手が落ちて相対浮上感もある。
 まあ、普通に2・3番手評価だがあまりアタマからは買いたくない。ハイカックウとの順列ははっきりしておきたい気が。

・メイショウアサガオ
 -9-14-14、タメに徹したクチ。上がり34.0は展開を考えれば後方でハマっただけと見るのが妥当。とはいえ、ダート戦で上がり脚磨いてきた馬で、距離伸びた前走のように芝でタメて末を延ばす競馬は展開さえあえばハマる余地は大きい。
 今回のペース想定なら、二桁位置取りから2・3着は十分狙いが立つ。

・ビービーモデナ
 -9-7-4と進出して上がり沈んだクチ。といっても上がり34.9で見直す余地はないことはない。フラワーCは-2-2-3-7とここ2走は流れに乗れていない感じ。まあ、流れに乗れないのが実力という評価がたぶん正解なんだけど。
 その前の東京3戦はそれなりに上がりまとめる競馬はできている。人気もないし、ここではそこそこ走れるほうに張ってもいい。

 先に書いたように、7枠2頭の先行型は積極的に消したい。マイネウインクもここで買いたい気はしないが、こっちは差して上がりも使えない馬じゃないので最低限の抑えは必要かな。
 あとは穴っぽいところではアイルビーバウンド。2戦目の道中UPに対応できなかった馬だが、速い上がりはある馬でダート使っての変わり身は警戒。
 ミサトフリート、買うなら前走だったね感。距離短縮で見所あり、逆に今回は見送りかな。

◎:ハイカックウ
○:メイショウアサガオ
▲:ココシュニック
△:ビービーモデナ・アイルビーバウンド
×:マイネウインク

 ◎アタマの、○・▲の間に何頭挟まれるか、というイメージかなあ。

2008年5月18日 (日)

ヴィクトリアマイル

 気づくとPATに1Kしか入ってないんですが。
 とりあえず、ちと出かけますのでこんな感じで。

1 1 テンイムホウ
牝6 55.0 柄崎将寿 *** せめて先週の馬場なら少しは考えたが
1 2 ブルーメンブラット
牝5 55.0 後藤浩輝 *** ▲ アタマは考えづらいが、上がりで着順詰めてくるのは確実
2 3 ローブデコルテ
牝4 55.0 福永祐一 *** マイルなら流れに乗りたい分、上がり偏重でないコースのほうが
2 4 ジョリーダンス
牝7 55.0 安藤勝己 *** ◎ アタマ狙いで前に攻められる&上がりの脚もある、勝ちにいける馬
3 5 ピンクカメオ
牝4 55.0 内田博幸 *** コースはベストも、構えるしかない分の不利、馬場恩恵ないと・・
3 6 エイジアンウインズ
牝4 55.0 藤田伸二 *** スピード魅力も、1F&相手UPは飛び頃
4 7 タニノハイクレア
牝4 55.0 的場勇人 *** 別にコメントする必要もないかな
4 8 パーフェクトジョイ
牝5 55.0 池添謙一 *** △ 止まらず伸びる。人気よりは上位に、ヒモにするにはオススメ。
5 9 ウオッカ
牝4 55.0 武豊 *** △ 適正面で消せないが、人気とローテで馬券上は割切っても。
5 10 アルコセニョーラ
牝4 55.0 田中勝春 *** 上がりのかかる競馬の鬼、適正は真逆
6 11 トウカイオスカー
牝4 55.0 横山典弘 *** ふたつくらい格落ちの流れなら決め手爆発ありだが、底力?
6 12 ヤマニンメルベイユ
牝6 55.0 柴山雄一 *** マイルの流れでは上がりまとめきる力に欠ける
7 13 ニシノマナムスメ
牝4 55.0 吉田隼人 *** ○ 前で上がり使えるのは魅力。ただ、不思議な人気。
7 14 タイキマドレーヌ
牝5 55.0 北村友一 *** OP入りしてからは下降線
7 15 ベルモントプロテア
牝4 55.0 小野次郎 *** 特に何も語れません。
8 16 マイネカンナ
牝4 55.0 岩田康誠 *** これも上がりのかかる競馬の鬼で、適正真逆のクチ。
8 17 ベッラレイア
牝4 55.0 秋山真一 *** 距離と久々、爆発力だけでは届かない。
8 18 レインダンス
牝4 55.0 武幸四郎 *** 下降線、マイルはちょっと忙しく前での脚は活かせない

2008年5月17日 (土)

本日は

ああ、先週遊び呆けたつけが色々と。
形だけ参加。

東京9
◎4
○1
▲9

東京11
◎1
△3,12,13,16