リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 気が早いですが | メイン | 葉牡丹賞の予想・その1 »

2009年12月 3日 (木)

マイネルマグレブ

 今週登場がわかっているので、泥縄っちゃあ泥縄ですが。

 

Mag

 

 目をつけたニュアンスとしては、すみれSのマイネルプリマスとおんなじ。

 この馬の評価要素その1は、高速馬場の新潟18でテン3F34.4のレースを経験しており、切れる脚はなくとも現時点では道中経験において1勝級戦では(>それ以上先はとりあえずおいとけ)アドバンテージあること。少なくとも、スローの新馬を上がりだけで勝った馬が人気するようなら買えるレースはいくらでもある。

 評価要素その2は、ダート中距離戦を前で競馬してそれなりに上がりまとめて残っていること。こういう馬は芝適正さえ問題なければ、新潟や東京はともかくそこそこ上がりのかかる時期の京都・阪神やなにより中山なら十分前で戦える。去年の春先に中山・阪神でダート⇒芝の馬が大暴れしたのは個人的に記憶に新しいところ。

 合わせ技で、道中経験アドバンテージが活きる1勝級戦、かつむちゃな上がりが望めない重めの馬場という条件なら、狙ってみたいところ。3月までにどこか中距離で先行穴に期待したいところ。

 上の新潟18未勝利で4馬身差をつけられたアースガルドに新潟・東京で太刀打ちするのはまず無理だが、中山だったらわからない。

 

 まずは中山20。2開催明けの開幕週でどのくらい時計の出る馬場かというのはちょっと気になるが、とりあえず無彩色の帽子を被ってほしいところだ。

 

(091205追記)

・中山20 葉牡丹賞 ◎:9人気9着

 12.7-11.2-12.5-13.0-12.8-12.5-12.3-11.9-11.5-11.8

 6-6-6-9

 せっかく最内枠をあててもらいながら、この流れで道中位置取り下げ余儀なくされ、あげく再内から外へ持ち出すことを考えるしかない展開では、もともと上がりのない馬にはどうしようもありません。人気ますます下がる分、先行力ない相手・上がり時計の早くならない舞台ならこういう馬を狙うところはいくらでもある、と言い張っておく。

 逆に、結果的に脚の溜まる流れになったにも関わらず、ジリジリとは伸びてもすっと抜ける脚がないのは今回の競馬でなお明らかに。先手位置がとれない限り馬券になることはまずなさそうです。ジリなので差しにまわるなら(>当然下級条件限定で)東京や新潟の直線の長いところのほうが着だけは拾えるかも。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347491/22493203

マイネルマグレブを参照しているブログ:

コメント

願いが通じましたね~
しかもアースガルドは大外。

…JRAの罠?w

1枠1番 マイネルマグレブです!わくわくo(^o^)o

>ぶらじる丸さん
 どうもです。
 ・・・どうしても、レート下げて計画的な競馬をさせてくれないらしいです(笑)。
 
>ぶるんさん
 どうもです。
 先行する気でいてくれるなら、枠順は最高ですね。メンバー構成としては速くなりすぎる懸念あるぶん、思い切り狙えるとは言いづらいんですが、この枠だと文句言わずに黙って買え、って背中押してくれてるってことなんでしょう(笑)

コメントを投稿