リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 091206の収支 | メイン | 競馬最強の法則1月号 »

2009年12月 8日 (火)

08年版「リスト馬10頭」を振り返る・その2

 残りの5頭です。

 

トムウィンズ:「ローカル開催の中京・小倉

 

06

 

(自己収支:まあまあ黒字)

Fuku9

 

 太宰府特別の太宰、・・・まじで今年一番悲しかったレースである。相手含めて2着以下は完璧なんだけどねえという太宰逆恨みするしかない。以降はどちらかというと人気落としてもらうための合わない中央高速上がり条件、9.27の阪神は・・・、獲らなきゃいけませんでした(涙)。無理矢理最終的に福島で帳尻あわせしてプラス転。

 中央の高速上がりは苦手で、小回りをマクってこその馬、という評価でしたが、そこそこ上がり競馬への対応力もついてきました。逆にその分大きく人気を落としておいしい思いをさせてくれることはなくなった気がします。今後は◎にするタイミングをうかがうというより、善戦キャラとしてヒモで取捨間違わないよう取り扱う、という付き合い方で。

 推奨評価としては、これはまあ立派に合格としてほしい。太宰を拾えるかどうかはさておいてください。

 

ルールプロスパー:「とにかく小回りコース

 

07

 

(自己収支:ノーカウント?)

 

 この馬の個人的な収支としてはチャラ以上にはあるんですが、最初に出てきた小回りレースでいきなりモデルチェンジ。当初に評価した尺度での狙いは全く意味がなくなってしまいました。その意味ではいきなりリストから外れたなあ。

 推奨評価としては、見立てそのものがくるってしまい、役に立たずですんません。

 

モンテミウ:「徹底先行型が不在のレース

 

08

 

(自己収支:ちょい赤字)

 

 一発目のレースで見事に穴!、はいいけど相手拾えずおいしい思いはできていません。で、このレースこそアラマサなんか同様「ダッシュ力で評価した馬が、ちょっと控えてもちゃんと走る」と言い張れる内容でしたが次走鳥羽特別がちょっと違う感じ。これで当初のリストの狙い方針からは外しています。

 夏の新潟直千なんかは本来狙いたかった条件なんだけど、人気落ちしてても半信半疑、というか疑いのほうが大きく買えてません。

 推奨評価としては、・・・最初の一発は出会い頭で、あんまり的を射た評価でないままリストからはずれてしまいましたですみません。

 

マイネソシオ:「18~20の牝馬限定戦

 

09

 

(自己収支:ちょい赤字)

 ・・・つか、狙うべき条件にイマイチ出てこなかったしその割に人気的にもビミョー。あんまり狙うチャンスなしで終わった感。もはやわざわざ追う価値も理由もございません。

 推奨評価としては、・・・なんていうか、普通に空振りって感じですか。

 

ユーピローンユー:「小回りの18

 

10

 

(自己収支:大黒字・笑)

 

Photo

 

 ダート(もちろん買わず)でシンガリ負けのあと、指定条件のローカル18に登場してきっちり仕事してくれました。半分ネタっぽくリストの一番下に並べていたこの馬が一番働いてくれるとは(笑)。・・・いや、自分の予想とぴったり合っただけなんだけど。

 中山ハイペースの3着で、新境地というか一皮むけた印象。当時の「先行不足のメンツでベタラップ逃げ」に限らない競馬の幅が出てきました。ただし、今後はもうそんなにおいしい人気で狙うチャンスはないでしょう。お疲れ様、という言葉とともにリストからは外しております。

 推奨評価としては、・・・いやもうこの馬のおかげでございます。

 

 トータル10頭挙げて、大当たり1・中~小当たり3・可もなく不可もなし1・不本意2・あまり狙う機会なし3、というくらいですかね。10頭中半分くらいが狙ったようなところで走ってくれて、うちひとつかふたつを三連系の馬券で相手ともしとめられればまずまずプラスに出来るんじゃないかと思います。桑折特別はできすぎとして、そのくらいの精度で当てていければなあと。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347491/22518901

08年版「リスト馬10頭」を振り返る・その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿