リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

高松宮記念の結論

12

続きを読む »

阪神7R

◎:ローズリパブリック

○:シュンリキ

▲:シャドウライン

△:両シゲル

中京7R

 荒れ馬場のローカル18、待ってましたの条件のはず。・・・超久々プラス20KGは余計だが。

 ご当地勝ち経験ある馬が2頭しかいないこの条件、もう1頭のヒルノラディアンは近走どうつついても買えそうもないが、この馬は近4戦の負けている相手がスリーロールス・フォゲッタブル・ナリタクリスタル・ジャミールあたり。このあたりを相手に上がりだけはそうそうヒケは取ってない。

 この相手なら、押し上げ競馬で動いて突き抜けられるはず、はず。

 

◎:コスモタイムマシン

○:カネトシスラーヴァ

▲:ゲームコンセプト

△:シルクドルフィン

中京4R

 前走、スローからマクリ合戦になった乱戦未勝利組から、16-16-4-2とまさにレースを動かしに出て上がり負けしたビッグラジャーと、3-3-4-6と早め進出組に沈められたキタサンボルケーノ。

 少キャリア組が馬柱の汚れの少なさで人気し、前走楽逃げさせてもらった減量騎手がまたも逃げ見込むなら、動ける経験豊富の激戦レース組から。

◎:ビッグラジャー

○:キタサンボルケーノ

▲:クレバーロッシー

△:タガノアブシンベル

中山3R

◎:コスモマクスウェル

○:ユメノトキメキ

▲:ケイビイテルマ

△:グァンタナメラ

中京9R

 メインの様子見がてら、同様に4つの分類意識しながら探っておきましょう。

 こっちは条件級なので、馬キャラもそれほどはっきりしていないし、特に未勝利勝ちなんて「とりあえずハイペース気味に競り合いを前に行って、差せる馬がおらずいっぱいに粘っちゃいました」的な、前傾消耗戦逃げ先行風味な馬ばかりごろごろしちゃうんであるが。

続きを読む »

2010年3月27日 (土)

高松宮記念の展望

 よし、こういう不調なときこそサムソンのダービー以来連敗続き(>おいおいおい)のG1で当てに行こう。

 

 便宜上、

・テンが速くて、上がりも止まらないレース⇒前傾高速戦

・テンが速くて、上がりは止まるレース⇒前傾消耗戦

・テンがゆったりで、上がりは止まらないレース⇒バランス戦

・テンがゆったりで、上がりは止まるレース⇒瞬発特化戦

とでもしておこう。

 テンがゆったりといっても、ここに出てくる馬はそれなりのスピード、という前提。瞬発特化戦の前残りなんかここでは「低レベル戦」として片付けられておしまいだし。

続きを読む »

日経賞

 ロジユニヴァースについては、買いたい人は買えばいいじゃんとしかいいようがない。

 中山コースだし、馬場も悪いし、ダービー以来だろうが条件は合いそうに見える。ただ、久々や馬体増持ち出す以前に、上がりだけは以外に出る馬場になってる(>もう一開催、しかもG1開催が残ってるからか馬場造園課も必死)ことのほうが気がかり。

続きを読む »

毎日杯

 さすがにコスモヘレノス、とは言いません。

 逃げても上がり35秒フラットに近い上がり脚要求されるトン・トン・ツー(>遅い・遅い・速い)の阪神3分割外回り。前に位置して瞬発力勝負に対応できる馬を買うべきで、コスモヘレノスには真逆の条件設定。・・・このくらい言っておかないとオッズに目が眩んで買いそうだ。

 実際、福永がヤネだし、単騎で行かせて残りの馬が折り合いと上がりのことしかアタマにないと残っても不思議はないんだが、この条件ベストと思える馬がたぶんそれは阻止する。

続きを読む »

ミモザ賞・フリージア賞

 気づくと寝落ちしていました。

・ミモザ賞

◎:オルレアンノオトメ

○:ソウルフヴォイス

▲:ソルプリマベラ

△:ディアアレトゥーサ

 ちょっと思ったより上がりまとまってきた感じの中山の馬場、正直どういうアプローチがいいのかわかりません。素直に、先行力重視、加えて中山向きの上がりつかえるかのみでチョイス。ホワイトミーナが今回も3着来れたことからも3番は適正能力アテにできそうだが、予想以上の1本人気。ヤネは嫌だがしつこくジャンヌダルクから。

 

・フリージア賞

◎:デンコウオクトパス

○:タムロスカイ

▲:ダノンスパシーバ

 早めに先頭に立たされると辛い開催後半の芝なら、この3頭立てかと。オッズ的に◎アタマに無理に期待。