リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

阪神芝16

 

 良く考えると毎年この時期はまとめてラップ眺めて年を越すのがお約束になってきたなあ。

 まあ、紅白もお笑いも格闘技も政治も興味がないとTVも観るものないし。

続きを読む »

第一感仮免馬たち

 

 ここで狙う、こういう条件なら買える、しかも人気はあんまりなさそうだ。

 そんな馬たちを探す「帯封の使者馬たち」、でもまだちょっと分析不足・自信不足・思いいれ不足。とりあえず、「候補」として目に付いた馬を第一感でリストアップ。

続きを読む »

阪神芝20

 

 特に年末年始のご挨拶とかもなく、粛々と。

続きを読む »

2010年12月30日 (木)

11クラシックのインデックス

 一番上にこのエントリを置いておきます。

 いつまで続くかわかりませんが、随時更新の11年クラシックへの禁書・・・、じゃないインデックスとして。

続きを読む »

2010年12月26日 (日)

有馬記念の回顧

 レースとしては面白かったので、「中山10Rの平場オープン」呼ばわりから「有馬記念」に格上げ。

 14番人気が本命なんだし、実際のところブエナ切るだけの論拠あるわけじゃないんだから、ヒモにくらい拾っても誰にも文句言われる筋合いじゃなかったよなあ。

 

 

何よッ! 今まであたしのことなんか目もくれなかったくせに!

 

 ・・・すみません。

続きを読む »

回顧してほしい人?

 ・・・平場オープンだけど、希望あればやるよっ!

 ヤケ気味だけど。

ホープフルS

 資金が底をついているので、中山10Rの平場オープン(>しつこいよ)以外で手を出せるのはこのレースのみ。それもギリ絞り込まないとしょうがない。

 

 少し先走り気味に始めている2歳戦分析エントリで書いているとおり、ディープサウンド自体はけっこう評価している。ここで強い競馬するようなら来年に向けて視界が広がる。・・・というわけで、疑って張るのはここが最後かも。18⇒20の壁はとりあえずそれなりに高い。

 プレイは前に行っておかないと仕方ない馬なので、これから買うか無印かの選択。この人気で中山の馬場なら消すほうでしょう。マイネルメダリストがいつもどおり伸びても2・3着として、小回りなりに決め手あるのはナカヤマナイト。カフナあたりも前で脚はつかえるね。

◎:ナカヤマナイト

〇:マイネルメダリスト

▲:カフナ

中山10R

 「何よッ! 今まであたしのことなんか目もくれなかったくせに!」

 

 引っ張ることが男のたった一つの勲章だってこの胸に信じて生きてきたような馬ばかり。誰が逃げるのか想像がつかんが、誰が逃げても冒頭の突っ込みを送りたくなる。つ~か、誰が逃げたところで、コスモラピュタやアーネストリーのようにはいかん。結局、後半多少速いラップにながれたところで最後まで止まらないレースになってしまいそう。問われるのはロングスパートの持続力ではなく、全体が加速する中で、「そもそも3~4角でいる位置」であり「インをロスなく回れる」であり「直線前に位置を上げられるトップスピード前の地脚の速さとギアチェンジの早さ」ではないかと思う。

 

続きを読む »

2010年12月25日 (土)

中山10Rの予想(暫定)

 さて、有馬記念も終わった終わった。

 日曜の11Rは短距離戦なので、一つ前の10Rに組まれているロクに逃げられそうな馬もいないぱっとしないメンバー構成の平場オープンレースの予想でもするか。

続きを読む »

2010年12月24日 (金)

有馬記念の予想

 さ、有終の美を飾らせてもらおうか。

 20や24のレースより、22や25のレースのほうが好きだ。上がりだけのバカな競馬にはならないから。今年最後の予想となるであろうこのレース、もちろん、今年G1で◎をつけた馬の中でも一番自信があったあの馬が本命だ。

 相手は昨年のこのレースの◎〇、中山変則距離でヒモに買うならやっぱりこの2頭。

続きを読む »