リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

松籟S

 昨日の梅花賞。

 12.8-11.5-11.9-13.2-13.4-13.7-14.0-13.8-12.6-11.5-11.2-11.4

 

 サンビーム逃げ切り、じゃここももちろんコスモラピュタ!、とはいかない。

 逃げ馬のタイプとしてははるかにコスモラピュタのほうが好きだが、スローに落として上がり3つを34.1で回ってくるという芸当はラピュタにはできない、つかする必要もないんだが。昨日のようにスローで上がり勝負にも自身それなりに対応しちゃうか、京都外回りらしい大逃げ風味からロングスパート、メイチ止まっても後ろが間に合わない型に持ち込むか、京都外回りの勝ちパターンはこの2択、ラピュタなら後者しか選択の余地はない。

 で、その戦法を取るのに2人気は割りに合わない。人気の逃げ馬は消す、逃げ馬は◎か無印、のマイセオリーに従ってここは消します。

続きを読む »

京都9R・東京9R

・京都9R

◎:9、〇:7、▲:4、△:8

・東京9R

◎:10、△:2・8・12

東京7R

 的場、というだけで(>それで十分という話もある)こんなにつくの?

◎:サトノタイガー

〇:インプレザリオ

▲:ラヴェルソナタ

△:2・3

東京6R・小倉7R

・東京6R

◎:エーブポセイドーン

△:14,11,4

 

・小倉7R

◎:ゴールドスパークル

〇:テラノパンサー

▲:オールターゲット

△:ローレルクラシック

 外差し傾向押し戻されてるなら、スロー前提のこの条件は前に行く馬、機動力重視。

東京4R

 やっと狙ってみたいレース発見。

 

 デボネアがレコードで勝った消耗戦気味の小倉20戦、10-10-7-3と消耗戦をまともにマクって出たサイクロンフォース(>さすが上村だ)、母父マックイーンでスタミナ型に出た稀有な部類。だいたいダートの短距離に出ちゃうもんなあ。

 みんな36秒前後の上がりになった中山20では差してまとめて前を残す4着、軽い切れでは露骨に見劣るので前で運んでスタミナ勝負に持ち込むのが絶対条件、今の内の12F戦でスタミナ優位性を活かしたい。

 相手はこの距離で強気で前で運んで当然のマイネルマツオカ、マイネルB級のT・Tコンビと違ってこっちなら安心。この2頭のウラオモテから、押し上げて抜けた脚を使ったヴァーゲンザイルの決め手、スタミナ差し安定のヴェラシティ、たぶんここは4頭の競馬。

 ノリさんの馬が1人気?、いくら関西馬だからって、ここで逃げたらホープフルの2の舞。そうしてくれると◎〇にはますます有利で結構な話。

 

◎:サイクロンフォース

〇:マイネルマーク

▲:ヴァーゲンザイル

△:ヴェラシティ

東京1R

◎:サンマルヴィエント

〇:トーアクリスタル

△:7・14

 能力上だろうけど、初ダートのサトノデートナが外枠で単勝1倍ちょっと、なら内枠から距離短縮でも先行できそうな外人の馬。

2011年1月29日 (土)

クロッカスS

◎:マイネルロガール

〇:スギノエンデバー

▲:キッズニゴウハン

△:シャイニーホーク

 前崩れ予想。で、今日のこの後のレースは買いたいレースがないので本日はこれで終了。

梅花賞

◎:サンビーム

〇:ハンドインハンド

▲:ヴィクトリースター

 

 炎の1点予想、三連単1点だけ。・・・安いからね。

 前が主導権握りやすい京都外12F戦で、このコースなら逃げるタップに上がり最速使わせたことすらある哲三さん、これで勝てなかったら困る。ほかに鈴つけてこれる馬すらいないし、人気薄どころはヤケクソで前に行くにもそんな脚すらない。

 決め手ではハンドインハンド。葉牡丹のトーセンケイトゥーは同じ4角4番手に並んだ4頭の中ではけして褒められた内容ではないし、怪しい経歴の割に人気のヴィクトリースターのほうが前にいるだけ残るかな。

小倉8R

◎:エアキリヤン

〇:マイサイドキック

▲:ホークウィンザー

△:ジャイアントラック

 小倉、前が止まってないので。というか、それ以前にここ、前に行けないから勝ててない馬ばっかじゃん。

京都7R

 このレースは結構おもしろそう。

 

 現3歳で、軽い速さではトップクラスと見込めるロードカナロア。京都内回りの14戦で内枠引いたらこの馬の先行力が順当に脅威。一方で、素軽過ぎる馬を断然人気で◎にまでせんでもいいし、この馬がいるからこそ距離短縮・道中経験不足組も、先行してナンボの距離延長組もまとめて軽視していける。

 バランスラップ組、上がり偏重組軽視して、ハイペースの短距離を差せる馬、と考えるとワイズリーのかえで賞2着のエーティーランボー。マイルをまともに先行して止まった前走はノーカウント。

 

◎:エーティランボー

〇:アルトゥバン

▲:ロードカナロア

△:コウエイキング