リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月24日 (土)

ジャパンカップ

わりと素直な気持ちで予想。

◎:フェノーメノ

○:ルーラーシップ

▲:ダークシャドウ

△:オルフェーブル

 外国馬は今回走る距離より2割がた短いところで好パフォーマンスあるかどうかが日本の高速馬場に対応できるかどうかの判断材料、というのがマイセオリー。今年は買える馬いねえ。

 で、積極的に前で駆けられる馬がおらず、誰が逃げてもそれなりに馬群ばらけず上がりの決め手は必要なレースは避けられそうもなし。

 オルフェーブル、前走の競馬を見ての池添がどう考えるかなんだけど、押上げ→トップスピードのギアの上がり方が尋常じゃないこの馬、ある意味ディープやルドルフ以上に日本式競馬の申し子であることはよくわかった。それだけに、前走を過剰に反省して取りこぼすのは、スロー気味の東京コース。

 前で運べる・運ぶ前提で絶好枠のフェノーメノに金星の好機、ウィリアムスで宝塚と同じ競馬でOKのルーラーシップあたりが今回は先着の匂い。

京都2歳S

◎:ニシノアプレゲール

○:オーキッドレイ

▲:クラウディオス

△:エピファネイア

 エピファネイアが母親級だったとしても、今、この条件なら◎で確勝。単勝を珍しくまず買う。

 切れ型を必要以上に軽視するなら、2番手3番手もノータイムに近い順列。エピファネイア抑えてもお釣りがくる。

東京3R・京都3R

◎:マイネグロリアーナ

○:ロングシャドウ

▲:ダイワフォース

△:ポップジェムズ

 

◎:エーシンレンジャー

○:オースミナイン

△:レッドファンタジア・エイティグローリー

東京2R

◎:マイネライムライト

○:マカゼコイカゼ

▲:ベストバニヤン

△:マイネルルークス

 マイネル+大知への信頼感は絶大なものがある。今年は一番本命にしているなあ。

 マカゼがスピードで押し切る可能性が一番高いと思うが、そうなると経験優位が効いてくる。この2頭から上がり足のあるベスト、マイネルへ。

2012年11月18日 (日)

マイルCSのセン馬予想

 とられてタマはないから。

◎:ガルボ

○:ドナウブルー

▲:コスモセンサー

△:ダノンシャーク

 SS系で菊花賞勝ち馬なのに、中距離以上の瞬発力勝負よりもマイル近辺で先行したときのほうがよっぽど味のある競馬をする馬を出す、ディープインパクト、マンハッタンカフェ。もはや外回りコースで爆発的な切れを出すのはステイゴールドにお任せしておけばよい。

 などと考えつつ、シルポートが単騎逃げ→逆噴射から、早めに追い上げた馬、というより位置なりに仕掛けて最後まで止まらないイメージのチョイス。

 

 どうせタマはないんだからいっそシルポート逃げ切ればいいのに。

2012年11月17日 (土)

伊達特別

◎:ステルミナート

○:トウカイクオーレ

▲:コスモバタフライ

△:ピタゴラスコンマ

 Ipat残高がありませんので、これが外れたら今週はありません。

2012年11月11日 (日)

20121111のWin5

・11>2・9

・11>9

・4>2>9

・14>10>7・8・1

・14>3・5・6・12

エリザベス女王杯

◎:マイネオーチャード

○:マイネジャンヌ

▲:ヴィルシーナ

△:ピクシープリンセス・スマートシルエット

2012年11月10日 (土)

ファンタジーS

 なんで京成杯と同じ週にしたんですかね? ま、確かにどうせ両方でてくる馬はいないでしょうけど。どうせそのときには忘れてるでしょうが、阪神JFでまた関東馬買えなくなる予感。

 

◎:エーシンセノーテ

○:ローガンサファイヤ

▲:プリンセスジャック

△:アメージングムーン

 100回予想して100回◎はエーシンの先行力、という結論に落ち着くのが私クオリティ。そして100回予想して100回、今回は枠・展開から前走前にいたローガンがジャックと順入れ替わると主張する私クオリティ。一応、久々でも逃げて上がり使っているアメージングムーンの残り目押さえる。以上。

 

京王杯2歳S

◎:タイセイドリーム

○:ヴァンフレーシュ

▲:ラブリーデイ

△:ガチバトル

 内枠重視、逃げられる馬はそこそこいる、しかもカンナS逃げ切りの馬もいる構成。

 そのヴァンフレーシュは追い込み、逃げ切りと相変わらずどっかネジが飛んでる吉田兄から外人に替わってどうなんだという。素直に考えるとこの馬が一番買いたいんだけど、枠が外目で評価下げ。

 この馬がいて、逃げ馬苛めの中京14を2つ逃げてきたエーシントップも外目、誰が逃げるにせよそれなりに流れるレースと思える。

 となると、中京14を2つ上がり最速で走ったタイセイドリームが、東京・新潟の直線勝負に直結すると考えたい。新潟2歳Sのときもそんなこと言ってたが。