リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月14日 (日)

皐月賞 週末100番勝負その17

◎:ナリタパイレーツ

○:ミヤジタイガ

▲:タマモベストプレイ

△:インパラトール

×:コパノリチャード

 印順はつけていますが、とにかく買おうと思うのはナリタパイレーツ。単も買います。と、珍しい宣言をしておこう。

 先行できる馬は揃っているが、展開考えると興味深いのは、

1)マイル近辺でスピード活かす競馬がいかにも合いそうな馬

2)スピード優位で先行、上がりの脚を4角で一呼吸仕掛け遅らせて溜めたい馬

3)控えて上がり使った経験もあるが、出脚よく前に行けたときに好走歴のある馬

4)3・4番手で折り合いに専念して、速い上がりで抜け出しが勝ちパターンの馬

 と、皐月賞のイメージに重ならない馬が多すぎる。距離や折り合いに心配残る馬ばっかだ。

 で、断固先手を主張してほしいのが、11F戦ふたつを逃げてそのまま上がり最速で押し切ってきたナリタパイレーツ。距離や折り合いにほかの馬が気を使うのを尻目に、先手を取ってそのままスタミナにモノを言わせる競馬一本にベット。

 ○▲の2頭は18・20あたりで持続型の流れになって踏ん張れる適性持ち。逃げた馬が前につけた馬で最上位に残るレースを想定するなら、ヒモに残る候補。インパラトールは枠と乗り役込みで一番こすっからいレースで割ってきそうな気配。

 で、馬券どうするか微妙なところで×となってるコパノリチャードがポイント。この馬が主張してきたらそもそも◎はハナ獲りきれない。逆にこの馬が距離意識して番手で抑えてくれれば、こっちの期待の展開に持ち込める。どちらにしてもナリタとの両立は基本考えなくていい馬と思うが、わかりやすい前々決着で持ってない、という事態は避けたい。

2013年4月 7日 (日)

飯盛山特別 週末100番勝負その16

16

桜花賞

◎:メイショウマンボ

○:クラウンロゼ

▲:サンプルエミューズ

△:コレクターアイテム

 

 差し馬に◎という私としては珍しい予想。なんだけど、結構早い段階で決まった本命という。

 大外、馬場が微妙になったのも歓迎。外を普通に回して差せば、普通に突き抜ける。「シンザンはナタ、コダマはカミソリ」、もはや紀元前の例えだけれど、「レーザーメス」みたいなサンデー系の斬れ全盛がようやく終わって、「ナタ」タイプの差し馬がG1タイトルにやっと届く時代になったような。

 クロフネSは逃げなくても競馬できるし、緩急両方の流れを共に好走しているのは強みだが、順番的に、これが逆なら次も買いなんけど。締まった流れを番手で残る→楽に逃げてあがり伸ばす、の次は人気なら消すでしょう。

 メイショウが差す前提で、内でロスなく抵抗する候補が○▲、外からメイショウに遅れて勝ち負け決したところを差して来る△、というイメージ。14番よりは17番のほうが追い込んで3着ならありそうだ。

大阪-ハンブルクカップ

◎:カフナ

○:メイショウカドマツ

 ここをカフナ1点(>Win5)にしたいところだけど。メインのことを考えれば、あとは芝の乗鞍ここだけの武としては逃げて内の馬場をじっくり見てくる気がします。それが吉と出るか凶と出るか。

 このレースはケン。

福島民報賞

◎:モズ

○:トップカミング

▲:マルカボルト

△:ドリームセーリング

 ◎と△の道中隊列は△-◎でかまわない。どっちにしろ、買いたいのは◎と○のセット。▲△はむしろ消して3頭目は差し馬を買いたい気もする。Win5は◎と○で、三連単の馬券はもうちょっと考えてみます。

春雷S

◎:ボストンエンペラー

○:クリーンエコロジー

▲:アフォード

×:エーシンダックマン

 テンに速い馬が揃ってハイペース前傾必至。関西平均型や北海道での好走馬は無視。

 前半-後半が33.1-35.5となったみちのくS1・2着馬、ハナ差の順列は馬券上の狙いやすさからは逆転する。位置取り・レース運びに注文大きいアフォードよりも断然ボストンエンペラー。

 同じように前傾中山12を好位置からあがりまとめて差したクリーンエコロジー。この3頭で絞って勝負したいくらい。

 △はつける気がおきないが、抑えるなら、ハイペースで残るのは一番前にいる馬・ダックマン。3着欄だけでいいと思うが届いて困らないようにセイウンジャガーズ。もっとも、セイウンジャガーズが届くなら◎と▲はまた逆転しちゃうし○が足りなくなるかなあ。

汐留特別

◎:ゴールドカルラ

○:マイヨール

▲:コリーヌ

△:ダブルオーセブン

 ケルンフォーティー。同級逃げ切りあっての1番人気だが、中京16をテン36.5で入って淡々とピッチを上げる逃げ→追い込み・追い込みの典型的な新装中京決まり手。内にマイヨールがいて突っ張るとケルンやコスモのだらっと流してなだれ込み好走組がとたんに怪しくなる。

 アタマ候補は外からチョイ差しのゴールドカルラ、馬群割ってコリーヌの中京差して勝った2頭。マイヨールは馬券になるチャンスはあるでしょ。

福島6R

◎:セミニョン

○:サイレントクロップ

▲:マイネマキアージュ

△:キワミ

 馬場が渋っても土台がまだ痛んでないので内枠・先行有利の考え方でよい。外枠勢はテンに位置取りに行かないとどうしょうもないし、内3・4番手で道中じっとして最後だけ前を差せれば最高、という感じ。

 サイレントクロップは逃げて馬券圏内固そうだが、その点何かに最後はしっかり捕まりそうでアタマに据えるのはもったいない。内で位置取りに行ってくれればセミニョンが一番アタマ有力。

外から先行して穴目はマイネマキアージュ。短距離デビューでテンの脚はあるし、小倉勝ちあがり戦のような前目で運べれば。

2013年4月 6日 (土)

中山・阪神メイン

 今日は100番勝負はありません。当たりそうな気がしない、というよりもコイン馬券で無理かなと振り回した◎が結構来てはくれるんだが、ことごとく2着で、三連系も見切ったかのようにすりぬける嵐。・・・本気でくじけるぞ。

 明日はちゃんと予想して出直すことにします。

・中山メイン

◎:モグモグパクパク

○:プルムラブルガリス

▲:マイネルホウオウ

△:レッドアリオン

・阪神メイン

◎:クイーンズバーン

○:メイショウデイム

▲:カラフルデイズ

△:アイムユアーズ

ひめさゆり賞

◎:オリバーバローズ

○:コスモスターター

▲:ポセイドンバローズ

△:サングブルー

 大外のウイングリートが鍵。前走、10F戦をテン3つ34.4で入って、その後4つ12秒半ばで流して粘りこみ。この急→緩型の逃げ馬を人気で買うのは馬鹿らしい。一方、これがいることでスローで逃げて好走組も前にいるから高評価、とはいかなくなる。

 福島10F戦で、テン3つ34.8からマクリ馬が出てきて上がり4つ早目スパートになったレースを勝っているオリバーバローズ・シンガリ人気に期待。相手本線はマクリ馬コスモスターター、スタミナ戦のポセイドンバローズ。

 ・・・ここで猛烈な睡魔が襲ってきています。