リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 青葉賞 | メイン | スイートピーS、端午S »

2016年5月 1日 (日)

天皇賞春

◎:ゴールドアクター

○:レーヴミストラル

▲:シュヴァルグラン

△:フェイムゲーム

×:キタサンブラック

G1で1人気本命予想はいつ以来でしょう?

買わなかったレースでは去年の秋華賞・ミッキークイーン、出がけに買うだけ買ってUPしてないさらっと買ったレースでは、去年のフェブラリーS・コパノリッキー、ダービー・ドゥラメンテだったけれども。ちゃんとUPして買ったレースでは、下手をするとサムソンまでさかのぼりそうな気がする。ディープ・オルフェ・ブエナ・ジェンティルなんかは本命にしたことがなかったんじゃなかろうか。

 

前々で競馬できる馬が、スタイル崩さずに上りを伴うように成長したら、個人的に最強馬の完成です。サムソンですら、古馬G1に行ってシフトしたのが気にくわぬ。その点、このコンビはそれだけに徹してくれるのがありがたい。

 

予想する上で気になったのは、キタサンブラックとトゥインクルの1枠コンビ。

まずキタサンはどこまで積極的に主導権取るかなんだけど・・・、肝心の菊花賞が二度と再現できなさそうな競馬だけに長距離で信用している逃げ馬とは言いづらい。つか、あのレースひとつで評価しづらくなっている馬なんだが。ハナこだわる気もなさそうなので切れに欠ける以上この舞台では買いません。

まくってレースを動かす可能性のあるトゥインクル。ただし、この馬が動けるのは東京、という感じで本来動きやすい下りカーブの京都コースではほかの馬と脚は変わらずで、そうなると内枠もむしろマイナス、直線の決め手自体はそこまであるわけじゃない。

早目抜け出してそのまま後続突き放す一方のゴールドアクターから、瞬発力タイプへ。特に京都外回りを味方につけられそうな馬。となると、シュヴァルグランを日経新春杯で下しているレーヴミストラル。

コメント

意外な印でびっくりしました。
私は内枠で固める予定です!

コメントを投稿