リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 2016年5月 | メイン | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月26日 (日)

宝塚記念

Han11  

◎:ヤマカツエース

○:ラブリーデイ

▲:ドゥラメンテ

△:シュヴァルグラン

 例によって逃げ馬を◎にするか消すかからスタートだけど、キタサンブラックはうまく評価できた記憶がない。まあ、この人気なら消すし、距離自体は今回のほうが合うとは思うが、好走の後の距離短縮は逃げ馬にとっては買うべき場所じゃないし、重から馬場回復基調も嫌な材料。

 ドゥラメンテが一番強いと思うが、内回りのここは頭で買う必要はないと思う。キタサン消す流れから春天組からはシュヴァルグランが最上位評価だが、これも普通に何か前を食い残すだろうと思われ。その差し残す対象=勝ち馬としてイメージできる位置取りは早目押し上げからある程度斬れる脚使える馬、ラブリーデイなんだけど、1年前から比べると下降線で半信半疑、というかホンネは疑ってる。

 本来嫌な大外枠だけど、馬場状態がこうなので外押し上げ組に追い風期待してヤマカツエース。・・・その考え方ならマリアライトのほうじゃないかと思いつつ、オッズとヤネの差で。