リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

« 20161009のWin5 | メイン | 秋華賞 »

2016年10月10日 (月)

京都大賞典

◎:ファタモルガーナ

○:サウンズオブアース

▲:ラストインパクト

▽:アクションスター

×:キタサンブラック

 

 100回予想して100回2番から買う。(嘘)

 最内からキタサンブラックが逃げてそれっきりなら手も足も出ないが、上りの脚が要る展開になればチャンスはある。というか、10頭立てで逃げないと話にならないヤマカツライデンもいるので道中出入りはなく、前に利はない上りの競馬になる可能性は高い。

 ラブリーデイは上りはまだまだ現役だが、位置が取れなくなって動き遅れるようになったのはやっぱり衰えだと感じる。普通に春天は長かったサウンズオブアースの巻き返し濃厚だけど、オッズ面からももっと買いたくなるのはファタモルガーナ。少頭数で内目でロスなく上りだけ使えば決め手勝負で浮上する。

 ◎○本線で、上り要求されれば三番手はラストインパクト、人気ないし最後離れた3着突っ込みならのアクションスター。上り使える3頭目がおらずキタサンが3着までに残ってしまう抑えの意味で×。






コメント

週末さん、京都「新聞杯」になっていますよ!笑
それにしてもヤマカツはあのスローペースで何がしたかったんでしょうか?

>せみさん
 どうもです。
 お恥ずかしい、修正しました・・・。
 楽にというか、うまうまと「先導させられた」感じでしたね。

コメントを投稿