リンク

Powered by Six Apart

最近のトラックバック

時事雑感 Feed

2008年6月 1日 (日)

つらつらと

 さて、ダービー当日ですが。
 正直なところ全然気合入れてエントリ立てようという気になっておらず、買わないまである今日この頃。
 以前ほど競馬に時間をかけられなくなってる、というのは確かにあるんですが、そもそも昔ほどブログやってるのが楽しくなくなってるのも事実。そのへんをつらつらと、「日記」として書いておこう。



・リンクの件について。

 とある方とのリンクを外させていただきました。
 半年ほど前の経緯をご記憶の方はだいたい理由については想像がつくかと思いますが。
 「リンクは残したまま、適当に無視して受け流す」とか、「しらばっくれて黙ってリンクだけ外しとく」とかいろいろ考えましたが、半年以上考えた結果今回の結論に至りました。

 きっかけは、僕の交遊のある他の方々への筋の通らない「批判」、ということですが、ホンネを言うなら、あれは批判ですらないと思っています。
 「批判」とか「意見」というなら、「相手の理屈に対する自分の理屈」が同じ的に対して行われなければならない。相手を批判したければ、相手の理屈を理解した上で同じレベルでの自分の理屈をぶつけなければ意味がない。相手が反論してきたら、その反論に対して的を射た再反論で返さなければ議論は成立しない。
 相手の理屈を無視して、議題として的外れの自分の理屈だけを声高に言い立てても相手のしようがないわけで。

 そういう意味では、僕だけでなく、半笑いさんやドリさんとその方との「議論」は半年前にもう終了しています。いや、お二人の心情を代弁する立場にはないので、これは僕が勝手に思っているだけですが。
 当時、その方はお二人に「批判もどき」をふっかけ、それに対してお二人は当初はしごく誠実・紳士的にそれぞれの理屈に基づく「反論」と「逆批判」を返しています。それに対してその方は、かえってきた「反論・逆批判」についてまったくコメントを返しませんでした。かえってきた反論・自分に対してなされた指摘については一切返答することのないまま、ただ、最初と同じ「自分の理屈」を折りに触れて繰り返すだけでした。
 お二人から、「こいつとは議論しても甲斐がない」と判断されても当然と思います。

 他の方はともかく、僕のことに戻しましょう。
 ヒマな方は過去ログのコメントでも探ってくださいというところですが、僕とは「予想力派VS付加価値派」あるいは「回収率至上派VS回収率では測れない馬券手法派」的な構図で議論をしています。
 ご存知のとおり、僕は「互いに相手を尊重した上での議論」というのは大好物なのでJr.さんとの「サムソン派VSドリパス派」ほかの数多くの対決とか、ひなつさんとの「ヴィクトリアマイル評価」激論とか、楽しい思い出はたくさんあります。
 なので、個人的には議論は歓迎です。当初は先の構図での議論を楽しんでおりましたし、相手の理屈に対しても敬意を持って議論させていただいたつもりです。それに、議論上、「付加価値派」「回収率では測れない馬券手法派」に立ちましたが、何度も言明したとおり、僕自身は「予想力否定」でも「回収率否定」でもなくどちらも相当に重視している人間であって、「予想力派が付加価値を、回収率派が回収率で測るにふさわしくない馬券手法を、一方的に否定・排除しようとする空気に異を唱えたい」という意見であったことは繰り返し主張したとおりです。
 議論の中で、繰り返し相手の理屈を尊重した上で、それに対する指摘や反論をしています。が、そのことについて再度ボールがかえってくることはなく、こちらの言動を明らかに曲解した形で、同じ「その方の理屈」の主張だけが繰り返されるだけでした。
 結局、「お互いに敬意を持っての議論なら望むところですが、意図的にか無意識にかこちらの主張を曲解し一方的な主張に巻き込む、そちらの理屈を主張するための議論相手として利用されるのはごめん蒙ります」という形で終結させていただいております。

 意図的に議論をすりかえる、意識的に相手の理屈を無視して都合のいい場面で自分の理屈の主張だけを繰り返す。これはアンフェアだと思います。思いますが、まあ、ディベート手法としてはアリでしょう。これを意識的に戦略としてやっておられるなら、個人的に好意は持てませんが、逆にそういう方なんだなと理解はできる。こちらの言動を利用されないよう表現に気をつけつつ(>という時点でお付き合いするには多大のストレスを感じる相手ですが)、当たり障りのない切り返しで流しておけばいい。
 が、どうやらこの方は戦略として意識的にそういう手法を選択されている確信犯ではないようで。
 どうも、そもそも相手の理屈は耳に入ってこない精神構造をお持ちで、自分が相手の切り返しを無視しているという自覚すらないようです。

 正直に言って、怖いです。
 今回の件については、僕がその方の精神構造にビビこいて係わり合いになることを恐れて逃げ出した、そう理解いただいて結構です。


・ウマニティや競馬ブログについて

 前にも書いた気がしますが、個人的にウマニティで一番気に入っている機能は、「他の方を注目予想家として登録して、出馬表上でお仲間の印を一覧表示できる。さらに詳しく見たければそれぞれの方の予想コメント(>あればですが)や馬券戦略に掘り下げることができる」ことです。

 友達と競馬に行けば、
「お前、次のレースどの馬から買う?」
「俺は、○番から買おうと思ってるけど、どうよ?」
レースが終われば、自分は外れても、
「お前、勝った馬本命だったな、獲ったか?」
「おいおい、2着に来た馬なんて、お前買えたか?」

なんてやりとりが個人的には友達と競馬に行く醍醐味なんですが。
 僕自身は在宅派の出不精なんで、滅多に競馬場には行きませんが、自宅にいながらあたかも注目予想家に登録してるお仲間といっしょに競馬してる楽しさを擬似的に与えてくれるのがあの機能だったわけで。

 そういう目線からは、hiroさんなんかは全レース付き合ってくれる付き合いのいい友達という感じだし、実際にコメントなどかわしたことのないまま勝手に「競馬友達」扱いさせてもらってるあそこで新たに知り合ったお仲間さんもいます。

 まあ、僕の場合、ウマニティにせよブログにせよ、何が一番楽しみで何を一番求めてるかといえば、「一緒に競馬をして楽しめる相手、一杯やりながら競馬の話で盛り上がれる仲間」作りなんだと思います。少なくとも今は、誰が巧いとかどちらが優れているとかはほとんど興味がないですね。

「他者と競走する場で1番になって認められる満足感」を追う方向は否定する気はないですし、僕にももちろんあるし、そもそも「この中で自分はすぐれている」という意識がなかったら競馬するということ自体、負けに来てることになっちゃいますしね。
 競馬というゲームとそういう意識は切り離せないものだと思う分、そのへんの自意識とは上手に付き合っていきたいところ。
「巧くなりたい、評価されたい」と努力し工夫している人の姿は好もしく思えるし自分が競馬を楽しむ上での刺激にもなる。僕はそう思ってます。

 一方で、「ダビスタBCで勝ちたいあまりレギュレーションに拘る必死な中学生」みたいなのは、やっぱり近づきたくないしねえ。
「こいつよりは、自分のほうが巧い・優れている。こいつはバカ、こいつを持ち上げる取り巻きは大バカ。こいつより自分のほうが評価されるべきだ」みたいな匂いが漂ってくるのはどうかと思うし。

 よく、人気ブログランキングなんかで、「有料予想情報会社の宣伝ブログ」が上位を独占してるのが問題視されたりもしますが。実際、アクセスのかなりの部分は自分たちで作ってるものだと思いますが、あれはあれで存在意義あるんでしょう。
 仮に、あの手のブログ(>というか広告)が運営者から一斉に立ち退き命ぜられたとしたら、わざわざ検索して追いかけてチェックする人はたくさんいるんじゃないかなあ。
「ほら、こいつも外れてる。どうだ、こいつもインチキだ。なんだ、どいつもこいつもヘタクソばかりだ。これなら俺のほうがよっぽど巧い」
そう実感できる貴重なエサとして巡回してる人は、かなりたくさんいるんでしょう。

 別にそういう人の楽しみを邪魔するつもりはありませんが、ウマニティにせよ競馬ブログにせよ、自分のテリトリーにその手の人々の出現率が高くなって、声が大きくなっていて、自分と同じような楽しみ方をしたい人が(>その手の人たちの燃料にされたくないがために)黙る・引くケースが多くなってる気がします。
 僕的には、だんだんつまらなくなってます。


・無料⇒有料について

 この件についての「燃料」にされたくないのでコメントしておきます。
 別に弁護するつもりないですから。つか、その必要もないと思いますし。

1)有料でも買いたい、という立場から、有料コンテンツの充実・あり方に対する要望

2)無料なら読みたい、という立場から、無料コンテンツを残して欲しい・有料コンテンツ移行を止めたい要望

3)無料でも評価していない、という立場から、「こいつたいしたことねえ」という自己満足を満たしてくれるエサがいなくなるのを止めたい勝手な都合

4)有料無料に関わらず嫌い、という立場から、どさくさマギレに叩いておきたい欲望

5)自分のほうが上、という立場から、議論の機会を利用して周囲の評価を上げたい売名的野心

6)第三者・評論家的立場から、純粋にコトの是非に対する意見・批判

 これは分けて考えるべきじゃないですかね。
 このうち、管理人の誠実な対応を要求されるべきは1)と2)。3)・4)・5)は論外だし、6)は参考としてどこまで取り入れて対応するかは管理人の判断でしょう。
 1)・2)を大義名分に利用する3)・4)・5)とか、6)を装った3)・4)・5)とか現れるからややこしい話になってますが。

 何にせよ、「自分は6)である」と言い張るなら、それなりに理論武装して相手の理屈を分析し自分の理屈を客観視した上でぶつけるべきでしょうね。
 なにしろお二方とも、相当頭の切れる方の上、長くユーザーを意識した運営を続けてこられた方ですから、きっちりと「出てくるであろう意見・批判」を想定した上でご自身の判断で今の決断を下されてるんであって、下心ありありの安い批判や意見ぶつけたところで返り討ちに合うのがおちです。ましてや相手の理屈無視して自分の理屈だけ声高に主張したところで相手にしちゃもらえません。ちょっと過去ログ溯れば既に回答済みの内容すら知らずに再度問題視するようなレベルの低さじゃ話にならない。

 つ〜か、仕事でプレゼンとかしたことないんかと。



 以上。
 まあ、燃料投下になるだけなんでしょうが。迷惑をかける方が出てくると申し訳なし。

2007年12月16日 (日)

4−2

 ああ、やっと勝つところが見られたよ。

 サンパウロにシーソーゲームで負けてから、何年待たされたことか・・・。
 で、当時もいたのはパオロくらいだが(当時反対側にいたカフーがこっちにいる)、・・・寂しいねえ。

2007年12月10日 (月)

雄弁は銀、沈黙は金

 ここ2ヶ月で、10回くらいこのカテゴリでエントリたてかけて止めてるよ。

 タイトルと矛盾するけど、「沈黙」が「大人の対応」だからというより、もうある種の虚しさしか感じないから結局「下書き⇒削除」にしかならんのだよね。
 言ってもしょうがないと思うから、黙ってるだけ。

 そういうのはストレス溜まるし、なんていうかさあ、自分の保身とか損得勘定で黙ってるだけのようで嫌なんだよね。
 そういうの棚上げして予想エントリとか回顧とか、楽しもうとしてもどっか心ここにあらずというか。

 寝よ。

2007年4月19日 (木)

ひとりごと

事前予想のない的中を結果報告としてエントリすれば、
 「予想情報の提供」の視点から後出しだといい、
事前予想の的中馬券をUPしなければ、
 「博打日記」の視点から失望したといい、
事前予想で的中の高額払戻馬券をUPすれば、
 「公民の良識」の視点から税金はちゃんと払っているかという。
ブロガーなんてみんな自己顕示欲の塊だといいながら、
 自分は批判コメントつけて消されると怒る。

 ・・・いったい、どうしてほしいのかね?

2007年3月17日 (土)

おいおい

なんていうか、あれですよ。

 仮にも自分自身がレストランを経営してるオーナーシェフだというなら、他人様のお店に行って店内でそこのお客様と喧嘩始めるような真似はするなよと。

 シェフと料理の技術論戦わせるなり腕比べするなりはいいとして、そこのお店のお客様と喧嘩始めてどうすんのよ。
 あげくは、この店は客層が悪い?
 料理人としての技術以前に、客商売やってる人間としてどうなのよ。

 料理作る技術はともかく、どの程度の接客意識を持って店を出してるのかが知れるね。

2006年12月23日 (土)

オススメ競馬ミステリ

 つか、なんかここ数日の流れで自分が急に読み返したくなったよ(笑)。


 岡嶋二人:著
  「あした天気にしておくれ」
  「焦茶色のパステル」
  「七年目の脅迫状」


 講談社文庫、たぶん(笑)。

 競馬三部作とも呼ばれる、氏の初期代表作となる競馬ミステリの良作。80年代初頭の発表だから、もう20年以上前の作品なんだねえ。
 ちなみにペンネームどおり二人組だった作者は今は別々に執筆活動をされているが、その後競馬を扱ったミステリはどちらも書かれてはいないように思う。
 もしその後競馬ミステリ書いてるなら読んでみたいのでどなたかおせーて。

 ミステリは全く興味がない、という方は致し方ないが、ミステリも嗜む競馬ファンには黙ってオススメの3冊です。
 いちおう、いらん比喩をしとくと、ディック・フランシスがハードボイルド・テイストなら、こちらはやや赤川次郎・テイスト(>時代がその頃ですから)。

 当時まだ生まれたかどうかくらいの現学生さん世代にもぜひオススメしたい(笑)。


  

2006年8月13日 (日)

自分で踏みました

Hjg5kb2k  いつもありがとうございます。

2006年7月11日 (火)

フォルッツァ!

 イタリア勝ちました!

 サッカーブログではないですが、今日だけはサッカーの話題を。いや、前大会のうっぷんを晴らしてくれました。
 決勝戦は・・・、ま、途中からはお互い「勝つこと」だけに意味がある試合としてつまらなくなっちゃいましたが、実際勝つことだけに意味がある試合なんで、仕方ないですね。・・・と、思っときます(笑)。

 国内リーグのほうはこのあと大きな問題を抱えてはおりますが、まずはめでたい。

 今大会のイタリアの勝因は、層の厚さと、人が入れ替わっても同じサッカーをできる点にあった気がします。

 負傷・退場・出場停止に祟られ入れ替わりながらも、一度も崩れなかったDF陣。

 トッティ⇔デル・ピエロ(このテの駒にスペアがあるのが大きい。選手交替に躊躇しなくてすむから)

 トニ軸に、状況に応じて使い分けできる控えFW陣の個性の豊富さ

 このへんがよかったなあ。

 私的には、大会MVPはそんな中で唯一替えの効かないオンリーワンのパーツでありながら、大会通してコンスタントに活躍したアンドレア・ピルロに進呈。
 ブフォン・ガットゥーゾもご苦労さん。

 明日はいつもどおりの競馬ブログに戻る予定。回顧しないと。

2006年7月 5日 (水)

あわや大惨事

 やれやれ・・・。

 先ほどのエントリ書き終えて、なんとなくお気に入りの立ち回り先を覗いていると、後ろのほうでカサコソ音がする。
 振り返ると、ふすまのところを這ってる奴がいるの。

 ゴキブリ? 違います。

 脚が後94本多い奴。

 脚が6本や8本はなんでもないが、ないのと多すぎる奴はダメ。苦手。

 つーか、奴は刺すからなあ。すんごい、腫れ上がるから。

 苦手なもんで、半ばパニックになりながら慌てて殺す。しかも奴はゴキブリと違って「叩く」攻撃に強いので「切断」しないと安心できないんすよ。ちょっと残酷な殺し方になってしまいました。合掌。


 で、安心してPCのほうに戻ってきたところで、アイスコーヒーの入ったグラス倒しました。

 ノートPCのほうに向かって倒れ掛かるのを、とっさに払い飛ばしてPC救出。・・・もっとも、払い飛ばされたグラスのほうは本だDVDだというごちゃっと積み上げた一角に飛沫を飛び散らせた。

 もお、大変。本本体とブックカバーの間とか、DVDのパッケージの隙間とか、拭き取りにくいことこのうえない。拭いてもなんかねとねとするよ。グラスが割れなかっただけマシだけど。
 奴の祟りかよ。

 ちなみに奴は、15センチ近くありました。この部屋で寝てるので、眠っているときに出てこなくてよかったよ。

2006年4月29日 (土)

いかがなものか

 基本的に無料で利用させてもらってるわけだからあまり文句は言いたくないし、少し前までやってた仕事の関係上、「サーバの負荷・メンテナンス」あたりには非常に同情的な気持ちがあるのでそのへんの不満は言わないことにしている。
 システム担当者としては言ってもらったほうがありがたい、という建設的建前あるが別に私が言わなくても他の人が言うしね。

 しかし、おそらくはサーバ負荷・維持負担の関係だろうがトップページにぶらさがってるひとつの大きなコンテンツ・機能をすぽーんとある日突然やめておいて、ユーザに説明も案内もなしってのは酷いんじゃないの?あきらかに確信犯的に口拭ってるの見えるだけに。

 「季節ごとにデザインが変わります」じゃないと思うんだけどなあ。